いよいよ始まる!2015年のまんパク立川

いよいよ5月14日(木)から2015年のまんパク立川が始まります!

まんパクは日本最大級の屋外フードイベントで昨年はわずか17日間で約36万人が来場したというとんでもないイベントです。

立川以外からも大勢の人々が訪れるこのモンスターイベント。われわれ地元立川人はこのイベントにどう立ち向かえばよいでしょう。

市のイベントとは違うので同じつもりでフラッと遊びに行くとヒドい目にあいます。もしそれがデートだったら大変! 計画性のなさがバレて結婚候補から外されてしまうかも!?

そんなかなしいことにならないよう、そしてもっともっとイベントを楽しめるよう、立川で暮らす人々が集うFacebookグループ『立川人のココいいよ』で、まんパクの楽しみ方を聞いてみました。

まずその前に会場の確認をしましょう。ここです↓昭和記念公園の無料ゾーンですね。JR立川駅からもっとも近い「あけぼの口」を入ってすぐです。

 

ではでは、先人の知恵を見ていってみましょう。

・チケットは会場で買うべからず
まず当日会場でチケットを買おうとするとものすごく待たされます。会場に入る前に30分以上待たないといけません。会場に入ってからもまだお店に並ばないといけないのに入場前の30分も待っていたら大変です。ですから、できれば前売りチケットを買いましょう。そして当日券の場合でも家の近所のセブンイレブンで買ってから行きましょう。でも昭和記念公園入口のセブンイレブンはキケンです。ものすごい行列ができてますから会場で買うのと変わりません。ちなみに前売りチケットの販売は5月13日(水)までです。

・子連れならレジャーシートを持って行くべし
まんパクには子どもがよろこぶメニューがたくさんあります。子どもが遊ぶ場所もあります。でも子どものイスがないです(今回は未確認)。だからレジャーシートがあると便利です。子ども用の食器もあると快適です。

・帽子を持って行くべし
紫外線の強い時期です。並んでいる最中はずっと日向にいることになりますので帽子は必須です。日焼けが気になるという方は帽子以外の紫外線対策もしっかりしていきましょう!

・ゴミ袋を持って行くべし
会場ではゴミ箱へ行ったり来たりが意外と大変。そんな時間があるなら並びたいですよね。燃えるゴミ用、燃えないゴミ用の2種類があるとベストです。

・大人数で行き役割分担すべし
これ、とっても大事です。席を確保する人、料理に並ぶ人、飲み物を買う人、長い行列ならその交代要員など役割を分担できるととても楽しみやすくなります。一人で行くのなら平日午前中などにしましょう!

・空いてるのが好きなら開始直後の平日を狙うべし
例年、まんパクは開催されてからいろいろなメディアで紹介されるため、後半になればなるほど来場者が増えます。空いているのを狙うのであれば開催直後の木金か、次の週の月火水あたりが狙い目です。

・実は飲み物持ち込みOK!
ソフトドリンクなら会場の自販機で買うよりも持参した方が楽チン。お酒は会場でしか買えないものがたくさんありますが、ひと通り飲んでしまったらあとは自分の好きなお酒で、という楽しみ方もあり!?  あ、食べ物は持ち込み不可です。ルールを守って楽しみましょうね!

 

・そして帰りは行きつけの店に寄るべし!
駅前のあなたの行きつけのお店に寄りましょう。きっといつもよりあたたかく迎えてくれます。そして一言「グルメイベントもいいけどさ、オレにはやっぱりこの店がいちばんだよ」そういってかっこよく帰りましょう。それが地元愛!

 

まんパク
日程:2015年5月14日(木)~6月1日(月)
時間:開場10:30 閉場21:00 ※最終日6月1日(月)は閉場18:00。
会場:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン
住所:東京都立川市緑町3173
入場料金:
平日入場券(前売400円、当日500円)
土日入場券(前売700円、当日800円)
平日まんパク&国営昭和記念公園セット券(前売700円 当日800円)
土日まんパク&国営昭和記念公園セット券(前売1,000円 当日1,100円)
※中学生以下は入場無料
※入場当日のみ再入場可
※前売の販売は5月13日(水)まで。

関連サイト
公式サイト Facebookグループ『立川人のココいいよ』


スポンサーリンク