立川っていいですよね!

だって駅前にデパートたくさんあるし、ビックカメラもあるし、そしてシネマコンプレックスまでありますし。

あれだけの規模のシネコンにチャリンコで行けるなんて映画好きにはたまらない環境です。

そんな駅前のシネコン、シネマシティですがなにやら今回いろいろと話題になっているようです。

いーたち編集部がその異様な雰囲気に気づいたのは、シネマシティの有料会員である「シネマシティズン」向けに届いた一通のメールでした。

メールの内容は新作アクション映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の案内なんですが、メール後半にはこんな文章が。

↓公式メールより

マッドマックス1

最後の方は興奮を隠せない感じです(゚Д゚)

そしてメールに記載された案内PDFを見てみると……↓(公式ホームページより)

マッドマックス2

「目には目を 歯には歯を、マッドにはマッドを!! あなたは衝撃を受ける 『音』で空が落ちてくる(you shock 愛)」とあります。

マッドマックスと言えば『北斗の拳』の世界観のベースになったとも言われていますもんね。まさにYouはshock。(注:You are shockedじゃなくてYou“は”shockです)

そして案内PDFの次の言葉がまた強烈です↓(公式ホームページより)
マッドマックス3

採算無視(?)でスゴいサブウーファーを購入。「わが仕事に一片の悔いなし」だそうです。どんだけ『マッドマックス』と『北斗の拳』が好きなんでしょう。

もはや愛なくしては語れない領域です。「愛、故に……」

さらに【極爆】音質についての解説が続きます。(公式ホームページより)
マッドマックス4

例えがなぜかパンケーキですが、要するに小細工はせず高いスピーカー、劇場の構造、音響家による調整のみでシンプルに勝負するということですね。

「ただデカい音がでるスピーカーがあればそれでいい」とありますのでどんだけデカい音がでるのかとても楽しみです。

シネマシティの公式HPを見るともう少し詳しい情報が載ってますね。↓(公式ホームページより)
マッドマックス5

「一部上映回で、音響家に調整を依頼し、今作にふさわしく大音量で上映します。サブウーファーを増設することで重低音をたっぷり増量し、爆発音や轟音などは音波で身体が震えるほどの「体感」を味わっていただけます。ただヴォリュームを上げるだけでなく、それでいてやかましくない、クリアな台詞と音楽を両立させるのが『極上爆音上映』です。」とのことで、ただやかましいだけではないとのことでさらに楽しみです!

またシネマシティホームページトップのお知らせには、今回導入したサブウーファーの情報が載っていました。(公式ホームページより)
マッドマックス6

スピーカーに詳しい者がいないいーたち編集部にはサッパリですが見る人が見ればきっとスゴさが分かるんだと思います。

ということで、この『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、6月20日(土)からの公開で、極上爆音上映はaスタジオのみとなります。

立川シネマシティでしか体感できない極上爆音を、担当者さんの愛とともに感じてみてください!

シネマシティ
●ジャンル
シネマコンプレックス(映画館) 
●定休日
なし
●電話番号
042-525-1237(受付時間10:00-21:00)
●所在地
東京都立川市曙町2ー42ー26 CINEMA TWO
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の上映はシネマ・ツーです
●関連リンク
シネマシティホームページ / シネマシティマッドマックス特設ページ

スポンサーリンク