旧市役所跡地にて3月20日にオープンした『立川まんがぱーく』。畳にゴロゴロしながら3万冊の漫画が読めるという触れ込みの当施設ですが、場所が場所だけにまだ来たことが無い方も多いかと思います。

ということで取材してまいりました。

利用料金は15歳以上400円。400円のコインロッカーに靴を入れると入場できる仕組みです。時間制限無しで400円ですから一般的な漫画喫茶と比べると安価ですよね。板張り&畳敷きの床、間隔を十分にとって設置した木製の本棚などによって広々とした快適な空間となっています。漫画の種類は幅広く、「人生の役に立つ」みたいなテーマを謳っていたはずですが、割と何でもありなラインナップです。

そしてひときわ目を惹いたのが写真の個室。1畳弱の座敷スペースに籠もって漫画を読みふけることができます。複雑な人間関係、つぶやきやいいね!、LINEから離れ、上司の電話も無視して籠もる現代の座敷牢はまさに最後の楽園、かもしれません。

(補足)
この座敷牢スペース、子どもを連れて行ったら喜ぶこと間違いなしです。

/立川まんがぱーく
/立川市錦町3-2-26
/入場料:15歳以上400円、小・中学生200円、未就学児無料
/開館時間:平日午前10時~午後7時、土曜・日曜日、祝日午前10時~午後8時
/休館日:年末年始

『いいね!立川』Facebookページはこちら

座敷牢


スポンサーリンク