ウードという楽器をご存知ですか?

 

アラブ音楽を代表する弦楽器で、リュートや琵琶の原形とも伝えられています。

 

その音色は、口伝えの文化と言われるアラブの伝統音楽を象徴していて、華やかに奏でればまるでお祭りのように賑わい、ゆるやかに奏でれば悠久の時の流れを、しみじみと奏でればまるでつぶやきのような音色となります。

 

このウードですが、東アジアを代表する奏者が日本にいます。

 

常味裕司氏。NKH新・シルクロードのテーマ曲、龍馬伝の挿入曲と聞けばピンと来る方も多いのではないでしょうか。

 

そんな常味氏のライブが、なんと立川の焼肉店で定期的に開催されているというのですから驚きです。

 

どうして焼肉店で開催されるに至ったのか、その経緯は多くの偶然が重なった結果といえます。

 

以前、焼肉店オーナーの佐藤氏が聴衆として参加したコンサートに、たまたまゲストとして登場したのが常味氏。初めて聴くウードの音色に衝撃を受けた佐藤氏は常味氏へ連絡を試み、常味氏が焼肉店を訪れること。

 

常味氏と佐藤氏。二人には多くの共通点がありました。長く続けてきた山登りのスタイル、自転車の楽しみ方、学生時代の学年も同じということで波長が合い、前代未聞の焼肉店でのコンサート開催となったのです。

 

この焼肉店は黒毛和牛専門のお店で、FUKI(ふうき)といいます。場所は高島屋と伊勢丹の間の道路の伊勢丹側、1階に海鮮丼店があるビルの7階です。

 

通常のコンサート会場では実現不可能な、超至近距離での演奏は、涙なしでは聞けないほどと言われています。ぜひ行ってみてください。同様形式のコンサート開催は多摩地区ではFUKIただ1店となっています。

 

開催日時は、4月29日(日)13時30分。3500円ワンドリンク付きで定員30名です。予約・問い合わせは042ー523ー0166まで。

 


スポンサーリンク