【開店】猫の本1,300冊!富士見町2丁目に猫専門の本屋『necoya books(ネコヤブックス)』が8月8日にオープンしたので行ってみた

好きのみなさんにお知らせで〜す!

富士見町2丁目・緑川通りぞいに、

猫の本専門の本屋がオープンしています!

いーたち読者さん達からも情報をたくさんいただきました(情報提供ありがとうございます!)。

こちら↓
店頭は本の絵が大きく描かれていて、本屋さんてひと目でわかる!

店名はこちら↓
『necoya books(ネコヤブックス)』です!

この猫……二本足で歩いていますね。

店頭の黒板にはお店のオープン日が↓
88世界の日オープン!

『necoya books(ネコヤブックス)』の場所はこちら

場所はこちらです↓

富士見町2丁目・緑川通りぞいで、この道を写真の方へ進むと青梅線の踏切にでます。お隣はウサギ専門店。

反対側↓

すぐ隣に『セブンイレブン 立川富士見町店』があり、直進すると立川南通りに出られます。

地図だとこちら↓

住所は、立川市富士見町2丁目11−7です。

『necoya books』のポストも猫↓

蚊取り線香入れも、

もちろん猫。

店内はさぞかしだらけなんでしょう。

いざ店内へ入ってみます!

『necoya books』の店内の様子

店内へ入ってみると、
薄いグレーにナチュラルウッドのオシャレな空間が広がってます。

右側にある本棚には、

絵本がズラリ↓
もちろん全部の絵本

上段は英語の絵本↓

中段には、

「長ぐつをはいたねこ」や、馬場のぼるさんの絵本。この段は大人も楽しめる絵本となっています。

その下の段には、

11ぴきのねこシリーズなどの幼児用の絵本。

読み物系の猫本↓

となりの棚には、

ノラネコぐんだんシリーズ↓

はんたいことばカードもあります。

ノンタンシリーズ↓

マツピー@いーたち、ノンタンの「おしっこしーしー」は何度も何度も読みました!

絵本「おれは待っている」は、

12歳の気難しい雄猫が動物保護施設に保護されたお話で、とある動物保護施設で実際に起きたことが書かれているそう。(←知らなかったので、ネットで調べました!)

上の方にも本が置かれています↓

そこら中の本だらけ!

猫の本の在庫数は今のところ1,300冊ほどだそうです。

絵本の近くにはの雑貨コーナー↓

缶バッジやマスキングテープなど、全部猫関連の雑貨が並んでいます。

『necoya books』にはカフェスペースもあり

そして『necoya books』には、

ちょっとしたカフェスペースもあります。

メニューはこちら↓

コーヒー、アイスティー、ジュースやビールなど。

ドリンクももちろん猫!

コーヒーは『LOVE & Co.』のものを使用↓

『LOVE&Co.』は野良猫たちを保護するために設立された会社で、その販売収益は野良猫の保護活動に使われるそうです。

こちらは「ニャンジュース」545円↓

和歌山県産の温州みかんを100%使用したオレンジジュースで、売上の2%はネコリパブリックの保護猫活動に支援されるそう。

そしてニャンジュースの瓶はお持ち帰りOK!

ちなみにビールやニャンジュースをオーダーすると、

こんなにきゃわゆい猫仕様のアデリアグラスで提供されます!

カフェスペースはあくまで本を見に来た人向けのもの、という位置づけだそうです。

椅子のクッションも猫↓

小さいスツールも猫↓

カフェコーナーの向かいには、

こんな一角も。

読み聞かせをしたり、ちょっとくつろいだりするスペースとなっています。

11ひきのねこがいっぱい!

また、カフェスペース横の棚には、

「せかいのねこ」という本が並んでいます↓
こちらは猫大好きな絵本作家、井上奈奈さんの作品。

そんな井上奈奈さんの作品展示が2階で行われているそう↓

8月29日までの開催。

8月21日(日)には井上奈奈さん本人が登場する座談会が開催予定で、こちらは既に満席なのですが、その後のサイン会は予約なしで参加できます。

この後2Fにも上がってみます!

お店の奥の方には、

猫と一緒に暮らす人が読むと面白そうな本や、猫のマンガが集められています。

下に目をやりますと、

こちらにも猫。くつろいでます。

大人向け小説のコーナーもあり↓

こちらも猫雑貨のコーナー↓

「オサムグッズ」の猫だけがいるという、あまり見たことない光景が。

この猫のキャラクターの名前、知っていますか……?

なんと、キャットっていうらしいです。

そのまま過ぎて好き。

さあ、2階のギャラリーを覗いてみましょう!
2階へと案内するサインもカワイイ!

階段を上がると、

そこには白い壁に囲まれた空間が↓
明るい!

光がたっぷり差し込んで明るいです↓

2階は広々とした空間になっていて、
展示会に限らずいろいろなイベントが開催できそうです。

店主さんに聞いてみたところに関する展示やイベントだったら開催OKとのことです。

見てください↓

カリモクのあのソファーがこんなにちいちゃい!

マツピー@いーたち、なるたけ小さくなってみましたが、この椅子にはかないません!

猫用か、キッズ用かと思われます。

壁には井上奈奈さんの作品が飾られています↓

本や、シートなど↓

白+ナチュラルウッドのカワイイ空間に↓
猫の作品が並んでます。

ガラス引き戸の向こうには趣のある空間が↓
今は暑すぎて使えないそうですが、

秋になったらここでくつろぐのも気持ちよさそうです↓

ザッと見てきました『ネコヤブックス(necoya books)』。

本屋以前に、ひたすら猫愛の溢れる空間でした。

猫好きの方は100%楽しめるんじゃないかと思います。

営業時間は18時に終了ですが、今後「猫夜本屋」といって大人向けにに予約した方だけがご利用できるイベントも開催する予定で、そのほか展示イベントや読み聞かせイベントなどいろいろ開催していく予定とのこと。

最新情報はお店のInstagramをチェックしてみてください!

necoya books(ネコヤブックス)
●ジャンル
猫専門の本屋&カフェ&ギャラリー
●営業時間
12:00〜18:00
●定休日
火曜日
●席数
4席くらい
●禁煙・喫煙
店内禁煙
●電話番号
042-842-0476
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市富士見町2-11-7

※この情報は記事公開時点のものです。

広告掲載のご案内
残枠のお知らせ  10月
【SNS単発】6枠
【記事広告】6枠
Facebook / Twitter
NO IMAGE

「いーたち缶バッジ2022」販売中

CTR IMG