【テイクアウト特集】ワイン好きのオンライン飲み会に!高松町のビストロ『テパトモカ(TEPATOMOKA)』のテイクアウトメニューがお得すぎる

テパトモカ

このような状況にあってとても大きな打撃を受け続けている立川の飲食店。

応援しようにも食べに行くことも叶わない……!

そんな時ゆえに、みんなでテイクアウトメニューをたっくさん食べて立川にある飲食店を力一杯💪応援しよう!

という企画がこの【テイクアウト特集】です。

こちらのコーナーは、この趣旨に賛同して下さった企業様・個人様の支援により成り立っていて、既に多くの方々にご支援をいただいております。
(ご支援ありがとうございます!)

支援の詳細についてはこちら↓
【支援のお願い】街の飲食店を助けよう!テイクアウト商品の紹介記事をモリモリ配信する企画をはじめます

今回ご紹介するのは、高松町にあるビストロ『テパトモカ(TEPATOMOKA)』です。

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』は、立川駅南口にある人気のビストロ『フラットカフェ』の姉妹店でもあります。

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』の場所はこちら

こちらが『テパトモカ(TEPATOMOKA)』↓
テパトモカ換気や消毒用アルコールもバッチリ!

『テパトモカ』の場所はこちら↓
テパトモカ立川駅北口に出て、立川通りをまっすぐ北に向かって8分ほど歩くと左手側に見えてきます。

反対側↓
テパトモカ直進しますと、立川駅北口のロータリーに出ます。お隣は、鰻串焼きの店『うなくし立川北口店』。

地図はこちら↓


住所は、立川市高松町3-14-13 ボヌール立川 1Fです。

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』のテイクアウトメニュー

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』のテイクアウトメニューはこちら↓
テパトモカ「オードブル盛り合わせ」「メインディッシュプレート」は、通常価格より10%引きというからステキ✨✨✨

ご飯ものは「パルミジャーノリゾット」などがあります。

また、パテやテリーヌは単品でのテイクアウトが可能で、「合鴨胸肉のロースト」は1枚から持ち帰りができるようです。

写真をご参照ください、って書いてあるので見てみますと……

「オードブル盛り合わせ」はこんな感じ ↓
テパトモカパテやテリーヌのオンパレード!

フランス料理好きにはたまりません。

「メインディッシュプレート」はこんな感じだそうです↓
テパトモカ2人前3,500円から。人数に合わせてオーダーできるのがいいですね!

というわけで今回は「オードブル盛り合わせ」「メインディッシュプレート」「パルミジャーノリゾット」をテイクアウトし、題して……

お家 de テパトモカコース!

をいただいてみようと思います!

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』の「オードブル盛り合わせ」をご紹介!

まずはこちら↓
テパトモカ「スペシャリテ パテアンクルート」990円税別

※写真は盛り付け見本です。

パテアンクルートとは、肉をパテ状にして、パイ生地で包んだ料理のこと。写真のようにマスタードをつけて食べたりします。

斜めにしてみました↓
テパトモカ赤キャベツのマリネともよく合いそうです。

寄ってみます↓
テパトモカ……ごくり☺️

さらに寄ってみます↓
テパトモカファルス(詰め物)の中には、イチジクやナッツが入っています。

早く持って帰って食べたいです!

つづいてこちら↓
テパトモカ「サラ貝と竹の子塩麹でマリネした鶏ささみのテリーヌ」702円税別

うぅぅ......美しいっっ!!!

少し寄ります↓
テパトモカ斜めから見ても……

やっぱり、

美しい!!!

もっと寄っても……
テパトモカ美しすぎる!!!(……しつこい😙)

付け合わせの、
テパトモカ魚卵、紅だて、花穂じそは彩も鮮やかでテリーヌの美しさをますます引き立てます。

これらの「スペシャリテ パテアンクルート」や「サラ貝と竹の子塩麹でマリネした鶏ささみのテリーヌ」が入った、

「オードブル盛り合わせ」がこちら↓
テパトモカ写真の物は、3〜4人前5,000円税別

掛け値なく申し上げますが、

お得すぎます!!!

もともとお値段の割に料理のクオリティが高いお店なのですが、輪を掛けてお得です。

順に見ていきます↓
テパトモカ手前左から「スペシャリテ パテアンクルート」と「サラ貝と竹の子塩麹でマリネした鶏ささみのテリーヌ」。

「スペシャリテ パテアンクルート」は、甘めの生地と、パンチのきいたファルスの肉の苦味とイチジクの甘味が見事にマッチしています。

「サラ貝と竹の子塩麹でマリネした鶏ささみのテリーヌ」は、竹の子にほのかに感じる出汁醤油の風味と魚卵のプチプチ感が相重なって、フレンチと知りつつも和風で粋な味わい。

濃厚なパテの合間に酸味のきいたキャロットラペと、赤キャベツのマリネを挟みながらいただくと、口の中をさっぱりとさせてくれます。

こちらは、「鶏のもも肉とドライトマトのガランティーヌ」
テパトモカこちらのガランティーヌは、ドライトマト🍅を鶏のもも肉で巻いてスチームした物。

ドライトマトの旨味と酸味が、しっとりとした鶏肉に包まれ、うっとりするようなお味です。

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』の料理を食べていると、心のゆとりも出てきます。

ガランティーヌには自家製ポテトサラダが添えられていて、こちらはしっかりと肉の味を感じるリッチテイストなポテサラ。

つづきまして、手前が「パテドカンパーニュ」で奥にあるのが「豚肉とチーズのテリーヌ」
テパトモカ「パテドカンパーニュ」は、背脂がものすんご ぉくファッティーでオイリー。肉の脂の旨味がたまりませんっ!

この強烈な脂質感は……

ワイン🍷必須なお味です!

「豚肉とチーズのテリーヌ」は、クリームチーズの酸味でさっぱりといただける爽やかなテリーヌ。

若草の緑がまぶしい4月の午後に、ピッタリです!

そしてこちらが「セルベルドガニュー」
テパトモカフロマージュ・ブランというチーズに生クリームを混ぜ合わせたセルベルドガニューは、ハーブとニンニクが香るフレッシュチーズのお料理。

口に含むと、ヨーグルトのようで、サワークリームのようでもあるフレッシュ感が広がります。

しっかりとした塩味がついていますので、薄めのカリカリのバゲッドといただくと、永遠ループにハマっちゃいます!

最後に、プレートの中央にバラの花🌹のように盛り付けられた「合鴨の冷製ロースト」
テパトモカ鴨の旨味がギュギュギュ〜ッと詰まった冷製ローストは、非常に柔らかく、脂がたっぷりでこってりとした味わいでありながらも口溶けは非常にまろやか。

ピンクペッパーが味のアクセントになって、バクバク食べ進みます!

こちらもワインを欲するお味。

可愛らしい鴨たちが密談している様子を眺めつつ、
テパトモカお次は気になる「メインディッシュプレート」をご紹介したいと思います!

『テパトモカ(TEPATOMOKA)』の「メインディッシュプレート」をご紹介!

つづいて「メインディッシュプレート」、行っちゃいます!

こちらも盛り付け見本になります。

まずは「鴨豚合挽 自家製ソーセージ」「合鴨もも肉のコンフィ」
テパトモカ新ジャガの上に、自家製のソーセージ、さらにその上にはコンフィがのっています。

コンフィとソーセージの組み合わせ、
テパトモカなんとも肉々しい……。

こちらは「マグレ鴨のロティ」
テパトモカバルサミコ酢のソースでいただきます。

いい照りしてます↓
テパトモカ

脂もいい感じでノッてる!
テパトモカ鴨好きにはたまらない「マグレ鴨のロティ」は、噛めば噛むほど鴨の味がしみ出てきて、赤ワインと一緒にいただくと、マグレ鴨→ワイン→マグレ鴨→ワインの無限ループが始まります。

テイクアウトっぽくプレートに載せてもらいました↓
テパトモカ

サバもいます↓テパトモカ

実際の提供時は真空パックされている状態なのですが、

こちらの記事を参考に盛り付けていただければ、テパトモカ自宅飲みバージョンのできあがり!

〆はこちら↓テパトモカ「パルミジャーノリゾット」1332円税別

真上から↓テパトモカ

最初に紹介したプレートはどちらかというとお酒好きの大人向けメニューでしたが、お食事用のメニューもテイクアウトできます。

テパトモカ生リゾット米から炊いたリゾットは絶妙なアルデンテでリゾット好きのハートを100%充填してくれます💖

そのほか、オードブルに関しても小さなお子様がいる場合はそれをお店に伝えると、いい感じにカスタマイズしたものを出してもらえます。

ぜひワガママ言ってみてください!

『テパトモカ』のテイクアウト、ワイン好きにハゲしく強くオススメします🍷

こちら、テパトモカシェフの松島さんと店長・シニアソムリエの塚田さん。

食べてみた方は、立川エール飯ぜひ「#立川エール飯」のハッシュタグと一緒にSNS投稿してみてください。

「#立川エール飯」についてはこちら

テパトモカ(TEPATOMOKA)
●ジャンル
ビストロ
●営業時間
11:00~20:00(特別な営業時間)
●定休日
月曜
●席数
30席
●禁煙・喫煙
完全禁煙
●電話番号
042-512-7420
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市高松町3-14-13 ボヌール立川 1F
●関連リンク
お店のホームページ / 食べログ

※この情報は記事公開時点のものです。

この記事はこちらの方にご支援いただいてます

テパトモカ

Facebookページ『いいね!立川』はこちら