この記事を書き終えたらコーヒーを飲むと決めてます☕️

いーたち編集部はみんなコーヒー好きなんですが、自家焙煎のコーヒー豆は高いっていう先入観があってあまり飲んでいませんでした。

しかし!

一度買ってみたらその美味しさにビックリ!

そしてよくよく見てみれば、立川には自家焙煎珈琲豆店がたっくさんあるではないですか!

ありがたや、ありがたや。

ということで今回も紹介していきます!

今回はこちら↓立川駅南口・やすらぎ通りぞいにある『一六珈琲店』「イチロクブレンド」100g671円です。

やすらぎ通りぞいって言われても分からないですよね(笑)

立川駅南口を出て正面、アレアレアの前にあるエスカレーターを左に降りて真っ直ぐ。途中まではすずらん通りっていう名前ですが、『牛繁』の交差点を越えるとやすらぎ通りという名前に変わります。

地図はこちら↓


住所は、立川市錦町1-4-19 親松ビル1F。

南口で珈琲豆なら『一六珈琲店』、という人も多い人気のお店です。

そんな『一六珈琲店』の看板ブレンド、

「イチロクブレンド」の豆の見た目はこちら↓焙煎度合いはシティローストと呼ばれるもので、中煎りよりちょっと深めです。

ドリッパーはいつものHARIO V60↓ドリッパーの種類ってたくさんあって、

へたに入り込むと沼にはまりそうなんですが、

一般家庭でお馴染みのカリタ式ドリッパーに比べると、このV60はより華やかな風味になる印象です。

いつもの中細挽きで↓

ちょぼちょぼとお湯を注ぎます↓お湯の温度は88℃です。

お湯を注ぐと、モコモコモコ〜っと綺麗なドーム状に膨らんできます。

膨らみ方が美しい!

一六ドームと勝手に名付けました。

少しガスが落ち着いたら、さらにお湯を注いでいきます↓一六ドームを一層膨らませるように。

途中からは結構ダイナミックにお湯を注ぎます↓

最後のお湯投入↓抽出時間は2分30秒。

できあがりました↓ん〜、いい香り。

程よい苦味にかすかな酸味があって、後から甘味が追いかけてきます。コク豊か!

そしてしばらくすると、さらに甘味が増してきます。

ゆっくり飲むのにオススメ!

「イチロクブレンド」は、ドリッパーの種類によってかなり味わいが変わってきそうな気がします。

詳しいことはよく分からないですが(笑)

編集部内では今回の淹れ方、とても好評でした!

試してみてください。

一六珈琲店
●ジャンル
自家焙煎コーヒー豆店・カフェ
●営業時間
11:00〜18:00
●定休日
月曜
●席数
19席
●禁煙・喫煙
禁煙
●電話番号
042-527-1680
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市錦町1-4-19 親松ビル1F
●関連リンク
お店の公式サイト

※この情報は記事公開時点のものです。
さて、コーヒー淹れよっと。

ルミネ立川の地下にあるお店でタイの豆をゲットしたんですよ、ムフフ😋

『いいね!立川』へ記事広告を出したい方へ