60分で試飲しまくり!ルミネ立川9Fで「山梨ワインラウンジ」っていうワイン試飲イベントやってるので行ってみた

先日、立川の地域情報サイトの一つ、立川経済新聞を見ていたところ、

こんな、ワイン好きが反応しちゃう記事を発見↓

立川経済新聞
ルミネ立川で「山梨ワインラウンジ」 試飲スタンドで飲み比べ ルミネ立川(立川市曙町2)9階ルミネラウンジで12月2日、「山梨ワインラウンジ」が始まった。

あ、これ、ルミネ立川のショップ店員さんからも情報もらっていたヤツだ!

と、なりまして、時刻は19時を少し超えておりましたが(イベントは20時まで)、

おっ取り刀で行って参りました(ルミネ店員さん、情報提供ありがとうございます!)。

こちら↓

「山梨ワインラウンジ」と題するこのイベントは、ルミネ立川9Fにある「ルミネラウンジ」という場所が会場になってます。

ルミネの9階ってハッキリした目的のある人しか行かないエリアですよね。

というわけで、ここにはハッキリと「山梨ワイン試飲するぞ」という人しかいません(たぶん)。

会場内にはワインがずらり↓どれもこれも山梨のワインで、200銘柄あるそうです。

ワイナリーの数は70だとか↓

あっちもこっちも山梨ワイン

ワイン好きにはたまらん光景です↓

泡(スパークリングワイン)もいろいろあり↓

目次

「山梨ワインラウンジ」の試飲コーナーは60分2,000円〜

お楽しみの試飲し放題コーナーはこちら↓

60分制の試飲し放題の料金はこちら↓3種類あります。

試飲できるワインが、価格帯によって3グループに分かれてまして、「あか」は赤シールの貼ってあるもののみ、「みどり」は赤と緑ラベルのもの、全部飲めるのが「むらさき」です。

注意事項はこちら↓

では!

さっそく泡から試飲↓こちらロゼスパークリング。ぶどうは甲斐ノワールという黒ぶどう中心です。

日本のワインというと、水のように薄かったり、気の抜けたビールのようだったり、やたらと甘かったりと、そんなイメージを持っている方もいるんじゃないかと思います。

ヒゲ@いーたちも数年前まではそんなイメージだったんですが、最近メキメキ美味しくなってきています。

日本人の品質改良への執念ってホント凄いなぁ〜、と思います。

このロゼスパークリングも、ほんのり甘さを感じさせつつもドライ。そして繊細。腹が減る。

こちらは甲州のスパークリング↓

甲州のスパークリングワインというと、ラムネっぽい、尖った風味のものを想像する人も多いかもしれませんが、こちらは酸味おだやかでフルーティ。ちょっと甘みがあるのでいろんな和食に合いそうです。

そして繊細。腹が減る。

その後、甲州のワインをいろいろ飲みましたが、何せ終了時間の20時が迫っているので、超急ピッチです。

白は今度またじっくり飲みたいな、と。

そして、

オレも試飲いくぜ!

という方に是非試してもらいたいのがこちらのオレンジワイン

甲州の白ワインは繊細すぎてレベル高い……、と感じてる人にジャストフィットしそうです。

ちょっとだけ感じるタンニン。これがまた繊細。腹が減る。

写真には撮らなかったですが赤ワインもいろいろあり。山梨のワインで赤ワインというとマスカットベーリーAというぶどうが中心です。これも数年前まではイチゴジュースのようにフルーティすぎ、甘すぎのものが中心だったんですが、辛口で飲み応えのある物が増えてます。そして繊細。腹が減る。

というわけで、ひたすら腹が減る「山梨ワインラウンジ」は、

1211日(日)までの開催。時間は13時〜20です。

いーたち編集部は、今日も出没するかも知れません。

イベント主催「株式会社ワイントライブ」のサイト

❤️を押してもらえると元気が出ます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアして話のネタにしよう
目次