立川市内の公園を、根ほり葉ほり紹介していくコーナー、【ママパパ遊ぼ!立川の公園】

最近始まったコーナーで、小さな子どもがいるお母さん・お父さん目線を中心に、いーたちらしく、ちょっとマニアックな視点もプラスして紹介しちゃいます。

第5回目は『立川市曙一丁目公園』です。
立川駅北口を出て、昭和記念公園あけぼの口の方向に5分ほど歩いくと、左側に見えてきます。

場所はこちら↓


住所は、立川市曙町1丁目32-31 です。

広場↓
地面は砂利になっていて、広々としています。

年季が入った木のベンチ↓
全部で4つあります。

木の周りに座れるスタイルの長椅子↓

遊具はあまりなくて、謎の棒があります↓
細長い金属の棒が1本。その周りには、長さがまちまちな木の棒が4本。

登り棒にしては、短すぎる気がするし......。

しかも少し、斜めってる!?

ちなみに登り棒の正式名称は、はん登棒(とうぼう)というそうです。

これは一体、何に使う物なのでしょう......。

知っている方がいらしたら、ぜひ、いーたち編集部にご一報ください!

他の遊具↓
こちらも、使い方は不明です。ストレッチ器具の様な物でしょうか。

説明書きの看板がなかったので、よくわからないです。

『立川市曙一丁目公園』には、公園防災備蓄倉庫があります。

時計が1つ↓

トイレ↓
和式で、ステンレス素材でした。

トイレの入り口以外に、すっごく細いドアが付いていました。

普通のドアの半分くらいの細さです。

掃除用具入れでしょうか。

色々と不思議が多いです。

立川市の花↓
立派なこぶしの木がありました。

こぶしの木の向こうには、建設中のGREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)が見えます。

こぶしの花↓
撮影したのは、3月の中旬過ぎでしたが、ちらほら咲いてきていました。

ベンチも多く、平坦で広いので、ピクニックなどに向いてそうな公園です。

昭和記念公園に向かう途中にあるので、駅から歩いて疲れてきた時に休憩場所にするのにも、ちょうどいいかもしれません。

信号を渡ると、そこはスグ、昭和記念公園のあけぼの口なんですけどね。

立川市曙一丁目公園
●利用可能時間
24時間
●トイレ
有り(男女同じ)
●砂場
無し
●アスレチック遊具
有り
●丘
無し
●自然
多い
●防犯カメラ
なし
●所在地
東京都立川市曙町1丁目32-31

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
ママパパ遊ぼ!立川の公園のほかの記事
曙町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

【ママパパ遊ぼ!立川の公園】は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。