立川市内の公園を、根ほり葉ほり紹介していくコーナー、

【ママパパ遊ぼ!立川の公園】

小さな子どもがいるお母さん・お父さん目線を中心に、いーたちらしく、ちょっとマニアックな視点もプラスして紹介しちゃいます。

第8回目は『曙三南公園』です。
たちかわ競輪場の東側に位置し、前回の【ママパパ遊ぼ!立川の公園】で紹介した『曙第5公園』の東側にあります。

地図はこちら↓


立川市曙町3丁目38-13です。

広場↓
公園の中央に大きな木があり、その木を囲むように広場があります。地面は砂利です。

オーソドックスなベンチ↓
ベンチは全部で4つあるのですが、そのうち2つは、

公園中央に植えてある大きな木の周りにある、木の茂みの中に↓

寄ってみます↓

近づいて、別の角度から見てみますと↓
木の茂みの中央に、大きめの石のベンチが2つ、向かい合って存在します。

滑り台↓
高さもそこそこあり、滑りがいのある滑り台。

ジャングルジム↓
最近は、ジャングルジムがある公園を見かけることも少なくなりましたので、なんだかホッとします。

『曙三南公園』は「ジャングルジム鬼ごっこ」が可能ですね。

「ジャングル鬼ごっこ」とは、ジャングルの上だけで逃げ回る鬼ごっこで、地面に足がついてもアウトになります。

若干難易度が高めの高鬼、と言ったところでしょうか。

太鼓梯子(たいこはしご)↓
公園にある、半円状の雲梯(うんてい)のような遊具です。見た目が太鼓橋みたいなので、この名前が付いたそうです。

のぼったり、ぶら下がったりして遊びます。

鉄棒↓
高・中・低の三つの高さ。

取材日には、多くの小学生が遊びに来ていました。

シーソー↓
こちらも、最近あまり見かけなくなった遊具の一つでもあります。

砂場↓

砂場は藤棚の下にあります↓
日陰になるところがいいですね。

水飲み場↓
高い物と低い物、ダブルで飲み口があります。

『曙三南公園』は、ジャンルジムやシーソーがある貴重な公園です。

道を挟んで、『曙第5公園』があり、二つの公園を行ったり来たりしながら遊べるのもポイントです。

曙三南公園
●利用可能時間
24時間
●トイレ
無し
●砂場
有り
●アスレチック遊具
有り
●丘
無し
●自然
多め
●防犯カメラ
無し
●おすすめの年齢
赤ちゃん、未就園児、小学生、中高生
●所在地
東京都立川市曙町3丁目38-13

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
ママパパ遊ぼ!立川の公園のほかの記事
曙町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

この記事は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。