平成の次の新元号が発表され、「立川」となることが決まりました。

それを記念して立川市は、見事な錆で有名だった立川市役所入口の鉄のオブジェを純金製にすることを決定したようです。

こちら↓

純金製になったときのイメージ写真↓

純金製のオブジェは盗難の危険があるため、シルバーのおじさん達が24時間体制で監視するとのことです。

シルバーのおじさん達は「シルバーがゴールドを守ります。ワッハッハ!」とコメントしています。