立川駅南口に完成予定の「立川駅南口東京都・立川市合同施設(仮称)」

さいきんどうなってるのかな~?と思い、久しぶりに見に行ってみました。

立川駅南口歩行者デッキを歩きます↓

まっすぐ行くと↓

通行止めになっています↓
平成30年から通行止めになっているので、令和3年(2021年)が平成33年の表記になっていますね。

施設はというと↓
かなり形が出来上がってきています!窓がたくさんありますね。

建物の中には↓
工事をしている人たちがいました。

こちらは東京都と立川市が合同でサービスの提供や情報発信などを行う施設で、立川市のホームページによると、地下1階から地上2階にかけて自転車等駐車場が設置されるようです。

もともとは立川駅南口第二駐輪場があったところなので、駐輪場が復活するのは自転車に乗る人にとっては嬉しいニュースなのではないでしょうか。

また、竣工は令和4年(2022年)2月予定で、施設のオープン時期は未定とのこと。

どんな施設になるのか楽しみです。

歩行者デッキも早く使えるようになるといいな。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』へ記事広告を出したい方へ