今年は屋内ホールでビールが飲める!立川ステージガーデンで音楽とクラフトビールのフェス「CRAFTROCK FESTIVAL ’23」が開催されるみたい。5/27と5/28の2日間

昨日に引き続き、千葉県産の落花生を食べながらネットニュースを見ていたら、こんなイベントを見つけました。

引用元:CRAFTROCK FESTIVAL公式サイト

「CRAFTROCK FESTIVAL ’23」、カタカナで書くと「クラフトロック フェスティバル 2023」です。

開催日程は、2023年527日(土)528日(日)

場所は立川自慢のコンサートホール『立川ステージガーデン』で御座います。

どんなイベントかと言いますと、

  • クラフトビールたくさん売ってます
  • クラフトビール好きのアーティストたくさん来ます
  • 飲みながら演奏しちゃいます
  • 飲みながら聴けます

そんなクラフトビール呑み助が一堂に会するイベントなのであります。

このイベントは昨年も開催したようで、YouTube動画がありました↓

いーたち編集部は去年、なぜだかこのイベントはまったくのノーマークでした。

そして今年の重要なポイントは、

すばりココ↓

去年は立川ステージガーデン内へビールを持ちこむのはNGでしたが、

なんと今年はグラウラーを持ってくれば、屋内ホールへ持ちこんで飲んでOK!

立川ステージガーデン内でお酒が飲めるのは初なんじゃないでしょうか?

ずっとやってみたかったんですよね。

立川ステージガーデンはこんな場所↓

座席配置がいろいろと変えられるので、フェス時は別の並びになっているかも知れません。

「CRAFTROCK FESTIVAL ’23」のチケット価格は?

さて「CRAFTROCK FESTIVAL ’23」の気になるチケット価格です。

そう、無料イベントじゃないんです。

先行割引チケット(2月発売開始予定)

1日券:8,000円
2日券:15,000円

1日8,000円となっていて、なかなかのお値段。ビール代がここに含まれるのかは不明です。

よくあるビアフェスだと入場は無料、もしくは1,000円程度でビールは飲みたい分だけその都度買う、という方式ですが、「CRAFTROCK FESTIVAL ’23」はどんななんでしょうね?

前売りチケット(3月発売開始予定)

1日券:8,500円
2日券:16,000円

2月に買った方が500円安いです。

グラウラー付チケット

通常価格5,800円のオリジナルグラウラーが1個ついてくるチケットだそうです。

グラウラーってみんなやたらと高い気がします。なんでなんでしょうね?

ちなみにステージガーデン内に持ち込めるグラウラーは、自前のものでもOKとのことです。

先行割引(2月発売開始予定)

1日券:13,000円
2日券:20,000円

一般(3月発売開始予定)

1日券:14,000円
2日券:21,500円

こちらがオリジナルグラウラー

というわけで、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

❤️を押してもらえると元気が出ます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアして話のネタにしよう