砂川町に、蔵の花屋『コトハ』9月13日(金)にオープンしたと聞いたので、見に行って来ました。

蔵だから暗いのかな〜?

蔵の中で暮らしながら、花屋をされているのかしら?

......などと考えながら、五日市街道をひたすら自転車🚵‍♀️を漕いでいると、お店に到着!

蔵の花屋『コトハ』の場所は?

場所はこちら↓
五日市街道沿いにあり、東の方角から来ると、砂川三番の信号の次の、信号の目の前です。

東京みどり農業協同組合 立川支店の、
真向かいに位置します。

五日市街道を西に進むと、↓
『ガスト砂川三番店』があるあたり。

反対側↓
まっすぐ行くと、八王子ラーメン🍜の『三番亭』や、『すたみな太郎NEO立川店』があります。

地図だとここ↓


住所は、立川市砂川町3-9-7です。

鉢植えの花🌷を左手に見ながら👀、

細道を、ずずずいっと入って行くと、
蔵が見えてきます‼

蔵の花屋『コトハ』の店内はこんな感じ

こちらが蔵の花屋『コトハ』
マジで蔵です。蔵風の建物ではなく、正真正銘の蔵、ですっ!

二階の窓も趣がある〜!

蔵を横から見るとこんな感じ↓

蔵のサイドにある、
こちらが入り口。

入り口の近くには蔵の鍵🗝らしきものが↓

昔の鍵、って感じです↓

それでは中に入ってみます🚶‍♀️!

入り口の扉を開けると、
左手にはステキ⚜なレジカウンター。

右手方向には、お花🌹🌼💐がたくさん!花のいい香りにクラクラします〜😊🎵
奥には倉庫らしく、物がしまってありそうな戸が見えます。ほんのり、蔵っぽいしんみりした香りもします。

蔵のしーんとした佇まいと、花たちが相成って↓

非常に幻想的な雰囲気を醸し出しています↓

ここから2カットは、立川の梁(はり)ファンの方にお届けいたしますっ!

先ずはこちら↓

2カット目がこちら↓
......梁をご堪能いただけましたでしょうか?

レトロなライトです↓

店内は、花に混じって、
数々の懐かしい小物たちも見られます。

今ではあまり見られなくなった黒電話📞や、

中には大物のミシンまで↓

花を入れてある桶や、

無造作にさえ感じるデコレーションも、
古き味のある物と植物がうまく融合して、落ち着く空間を作り出しています。

こちらは、
昔の測りだそうです。

教科書の中でしか見たことがなっかたので、ビックリしてしまいました😲

植物🌿越しに見る小物入れは、
これまた乙です。

古い家具と、
ハーバリウム。こんな意外な組み合わせも、しっくりきます😘。

蔵の花屋『コトハ』は、この地で植木生産業を営まれているオーナーさんと、立川に移り住んで来た店長の浅井さんの想いが、一つになって生まれた、とっても個性的な花屋さん。

店長の浅井さんからひとこと

最後に店長の浅井さんから、ひとこと💬いただきました!
「古い物とお花の相性はとってもいいんです!みなさん、ぜひこの独特で、それでいて心地よい雰囲気を、肌で感じにいらしてください!蔵の中で花と一緒にお待ちしています😊❗❗いくらでも、ゆっくりしていって欲しいです。」

蔵の花屋コトハ
●ジャンル
花屋
●営業時間
10:00~17:00
●定休日
木曜日・日曜日
●電話番号
042-537-7009
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市砂川町3-9-7
●関連リンク
お店のホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
立川周辺の開店・閉店情報まとめ 2019

開店閉店のほかの記事」

砂川町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

【いーたち編集部より】お店の情報発信で悩んでいる経営者の方へ

【開店閉店】記事は、ご覧のいーたちパートナーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』の挑戦を応援してくださるパートナー企業・店舗様を募集しています。

詳細はこちら