立川市内の公園を、根ほり葉ほり紹介していくコーナー、【ママパパ遊ぼ!立川の公園】。

最近始まったコーナーで、小さな子どもがいるお母さん・お父さん目線を中心に、いーたちらしく、ちょっとマニアックな視点もプラスして紹介しちゃいます。

第4回目は『高松三北公園』です。

こちら↓
この注意書き、書いてある項目はだいたいどこの公園も同じなのですが、

公園によって、順番が違っているのが興味深いところ。

第1回で記事にした『立川市若葉公園』は、

植木や草花をいためないでください。

が、一番上に書いてありました。

また、ボール遊びNGにはなっていません。

『高松三北公園』の場所はこちら↓


住所は、立川市高松町3丁目29-11 です。

近くには、たちかわ競輪場や、健康会館がありますね。

住宅街の中に位置しています↓
地面は細かい石が敷き詰めてあります。

水飲み場
昔ながらの水飲み場で、手すりが付いています。

ベンチは一つ↓
寝転べないように、手すりがついています。

ベンチと水飲み場の位置関係はこんな感じ↓
ほどよい距離。

ベンチの後ろには、沈丁花(ジンチョウゲ)
今の時期、沈丁花(ジンチョウゲ)が咲き誇っています。

近づいてみますと↓
とってもいい香りがします。

沈丁花は、「三大香木(さんだいこうぼく)」の一つ。

「三大香木(さんだいこうぼく)」とは、香りの強い花をつける3つの樹木のことをさし、

春は沈丁花

夏はクチナシ

秋は金木犀(キンモクセイ)です。

ちなみに沈丁花の花言葉は、「勝利」、「栄光」。

春に咲く花っぽい、花言葉ですね。

おっと!

脱線したので、公園の紹介に戻りましょう。

遊具はなく、あるのはストレッチの器具が2つ。

「ハングバー」ハンバーグではありません。

使い方↓2本のバーにぶら下がることで、腕や背中の筋肉をトレーニングすることができるようです。

もう1つは、「マルチストレッチ」
その名の通り、使い方によってほぼ全身の筋肉を伸ばすことが可能なストレッチ器具。

使い方↓
※これらのストレッチ器具は大人用です!子どもは使用できないです。

『高松三北公園』には、トイレはありません。

こじんまりとした公園ですが、囲いがなく、高い木もないので、

オープンで広々とした感じがします。

「遊具がなく、子ども向きではない!」

と思われるかもしれませんが、日中は保育園の子どもたちが散歩がてら遊びに来ているのをよく見かけます。

また、太極拳をしている人も見たことがあります。

特に、「ボール遊び禁止!」の札もなかったので、球技も大丈夫そうです!

いーたち編集部は、以前『高松三北公園』の近くに事務所があったので、休憩時間によくストレッチしにきていました。

個人的に、思い入れが深い公園でもあります。

高松三北公園
●利用可能時間
24時間
●トイレ
無し
●砂場
無し
●アスレチック遊具
無し
●丘
無し
●自然
少ない
●防犯カメラ
なし
●所在地
東京都立川市高松町3丁目29-11

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
ママパパ遊ぼ!立川の公園のほかの記事
町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら