立川のなんでもない風景をお届けするコーナー「なんでもない立川」。

今回のなんでもない立川は、ウインズ通り(南北)です。

ウインズ通りというと、グランデュオ立川東のローソンあたりから川野病院の方まで続く道を思い浮かべる方も多いと思います。

今回は、南北の方です。

立川駅東地下道を南口側にでたところから始まります。

お祭り用品や作業着をあつかう奥住商店。いきなり昭和な雰囲気です。

斜向かいには渡邊邦楽器店。

その横には、和洋服の美濃屋、そのお隣はディスカウントショップのみのやがあります。

南へと進みます。

さらに南へと。

街灯には「ウインズ通り」の文字が。

ちょっとオシャレなデザインです。

「ハイセンスをこの価格で」の言葉のセンスに昭和を感じます。

しかし、よく見てみるとスナックになっています。

昭和な純喫茶、輪舞(ロンド)。

店頭のメニューから漂うレトロ感、たまりません。

錦町一丁目西の交差点を過ぎてさらに南へ。

この先には、焼肉のべこ六や喜多方ラーメン坂内、天下一品があります。

このあたりは錦中央通りなんでしょうか?

いまいち境目が分かりません。

ウインズA館とB館の間の道。飲食店が軒を連ねます。

以上、なんでもない立川、ウインズ通り(南北)でした!

●関連リンク
なんでもない立川のほかの記事
錦町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら