いーたち編集部が、自分で食べたり飲んだりしたお店を紹介するコーナー、【立川グルメ】

今回、ヒゲ@いーたちが食べたのは、JR立川駅南武線ホーム(7・8番線)にある『奥多摩そば』の、

「おでんそば」と「ぶっかけネバネバそば」です!

こちらが奥多摩そば↓

中央線ホームは『奥多摩そば』→『清流そば』へと店名が変わったのですが、南武線はそのまま。なぜなのかは、不明です。

ご存知の方はぜひいーたち編集部までご一報くださいm(_ _)m

こちらが「おでんそば」410

+70円で生玉子をトッピングしました。

このおでんそば、JR立川駅の隠れた名物といわれています。

おでんの種類はさつま揚げ、がんもどき2枚、玉子2個から選べます。

しかも、ナント!

がんもどき1枚+玉子1個という組み合わせも選べる!!!

ステキすぎる……(●´ω`●)

名物には名物たるゆえんがあるのですね。感服いたします。

ただし、真夏でも熱いそばのみです。

食べてみると……、

……おでんです。そのまんまおでん!

つゆは関東の立ち食い蕎麦屋にありがちな、醤油全開まっくろで「醤油の味しかしない(>_<)」というものではなく、出汁が感じられました。

こちらは「ぶっかけネバネバそば440+たまごトッピング70

モロヘイヤにオクラ、ミニトマト、かつお節という組み合わせ。生玉子をいれたら、まあキレイ(●´ω`●)

食べるのがもったいないくらいです(すぐ食べましたけど)。

こちらがトッピングメニュー↓

食べたあとは、

「どこも同じでしょ?と思える立ち食い蕎麦でも、よく見るとちょっとずつ違って面白いな〜」
「南武線で終点川崎まで行くのって果てしないよね……」

などと思いながら、蒲田を目指しました。

●関連リンク
【立川グルメ】のほかの記事
柴崎町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら