いーたち編集部が、自分で食べたり飲んだりしたお店を紹介するコーナー、【立川グルメ】です。

今回、ヒゲ@いーたちが行ったのは、立川立川高島屋S.C.に2018年末オープンの『猿田彦珈琲 立川高島屋S.C.店』。飲んだのは「エスプレッソ」2種類です。

今回はビックリしました。エスプレッソに。

メニューはこちら↓
浅煎りの単一豆で淹れるエスプレッソと、深煎りのブレンド豆で淹れるエスプレッソの2種類があります。

もちろん飲み比べ!

ということで↓
シングルで両方注文しました。

シングルエスプレッソをダブルで!

猿田彦のエスプレッソマシンはこれ↓

エスプレッソの本場イタリアにあるサンレモ社

そのサンレモ社のラインナップの中でも最高級な部類の「オペラ」です、コレ。

見た目がカッコいいだけではなく、蒸らし時間、温度、タイミングにこだわり尽くした仕様で、お値段はウン百万するとか。

そんなマシンで淹れたエスプレッソは一体どんな味なの?

気になりますよね。

こちらは浅煎りのエスプレッソ↓

日本だとエスプレッソをブラックで飲む人が多いみたいですが、イタリアではエスプレッソはドルチェという位置づけなので、イタリア流に従って、砂糖をたくさん入れて飲みます。

(砂糖が一緒に出てこないことがあるので、店員さんに言って持ってきてもらいましょう。冷めると味が損なわれるので、最初に言っておくといいと思います。)

混ぜすぎると冷めるので3回くらい混ぜていただきます。

こ、これは!?

ものすごい酸味!

とんでもなく凝縮された酸味を感じます。

ここまで味の濃いエスプレッソは飲んだことがない。

砂糖の甘さと混ざって、その風味はフルーティを通り越して、アタマに花が咲いてしまいそうです。

これはきっとブラックで飲んじゃいけない代物。

つづいてこちら↓
見た目は差が無いですが深煎りの方です。

こちらは苦味も酸味もコクも強い!

よくあるエスプレッソとは別モノです。

2〜3口で飲み干したら↓デミタスカップの底に溶け残った砂糖をいただきます。

これがまたウマい!

コーヒーの風味はこの後30分くらい口の中に残っていました。

猿田彦珈琲のエスプレッソはドルチェと思って、砂糖たっぷりで飲むことをオススメします。

飲み終わった後は、

いいもの食べると元気でるよね〜

とつくづく思いながら事務所に戻りました。

猿田彦珈琲 立川高島屋S.C.店
●ジャンル
珈琲店
●営業時間
10:00〜20:00
●定休日
立川高島屋S.C.に準ずる
●席数
調査中
●禁煙・喫煙
禁煙
●電話番号
042-512-5028
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市曙町2-39-3立川高島屋S.C. 2階
●関連リンク
お店のホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
曙町のほかの記事
立川グルメのほかの記事

■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら