立川にあるいろいろな飲食店の「冷やしトマト」だけを紹介するコーナー、

【今日のHT】

Hiyashi Tomatoを略して、HT(エイチティー)

7月に入り、ますますHTの美味しい季節となりました!

冷やしトマトは、居酒屋のオーソドックスなメニュー。

材料はもちろんト・マ・トっ......。

切って出すだけのシンプル極まりないメニューですが、お店によって少しずつ違います。

その違いを探すのも、HTをオーダーする際の楽しみの一つだったりもします。

トマトの鮮度、スライスのし方、盛りつけの方法や切り幅、添え調味料のあるなし、など。

「冷やしトマトは、お店の顔である。」

と言ってしまいたいほど、(←おそらくいーたち編集部ダケ、そんな風に思ってるの。)

冷やしトマトはお店にとって、なくてはならない一品であるに違いありません!(いーたち編集部的には。)

いつも前置きが、長くなっちゃうんで、この辺りで......第6回は、

西国立駅前にある『羽衣水産』の冷やしトマト。

『羽衣水産』は新鮮な食材を使った海鮮・浜焼きがいただける海鮮居酒屋。

西国立駅の目の前にあり、16時からオープンしているので、早飲みしたい人にもピッタリのお店です。

そんな『羽衣水産』の冷やしトマトがこちら↓
「冷やしトマト」248税抜

なんと、今日のHT史上、

最安値!!!!!

こちらの「冷やしトマト」は、まるまる1個分のトマトが、薄めに美しくスライスされています。

うすうす推奨派のいーたち編集部には、うれしいスライス感!

もう少し寄ってみたところ↓
トマトの端まで、均一にスライスされているあたりが、包丁さばきの腕前を物語っています。

真上から見たところ↓
少しづつ、ちょうどいい角度でずらして並べてあり、プレーティングにもセンスを感じます。

個人的に大好きなのがココ↓
ヘタのところを、まあるくカットしてあるの、超好みなんです......。

家でやってみるんですが、こんな風にトマトの食べられる部分を最大限に残して、ヘタをくり抜くことは、なかなか容易ではありません!

今回の、調味料は......
王道のマヨネーズ!

冷やしとは、

トマトの為の

言葉だねっっ!

今後も、じゃかじゃか「冷やしトマト」を食べる夏にしようと、心に誓った瞬間でした。

羽衣水産
●ジャンル
海鮮居酒屋
●営業時間
月〜土 16:00〜23:00
日・祝 15:00〜22:00
●定休日
不定休
●席数
約45席
●禁煙・喫煙
調査中
●電話番号
042-512-5665
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市羽衣町2-44-25
●関連リンク
お店のホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
今日の冷やしトマトの他の記事
羽衣町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら