いーたち編集部が、自分で食べたり飲んだりしたお店を紹介するコーナー、【立川グルメ】

今回、
マツ@いーたちが食べたのは、立川駅北改札を出た立川駅西側新自由通路(長いしきっと通じない😝)にある『ステーションカフェ BASEL(バーゼル)』の「4種きのことオリーブのアンチョビ風味マリネ」「ラタトゥイユ」そして「マナバイマールボロ ソーヴィニヨンブラン」です!

『ステーションカフェ BASEL(バーゼル)』は以前にグルメのコーナーで「泡と香りの立つアイスコーヒー」を紹介しています。

『ステーションカフェ BASEL(バーゼル)』は北改札(モノレールの立川北駅に近い改札です)を出てすぐの所にあるカフェ。

日中は大きな窓から日が差し込み店内は明るく広々とした印象です。

こちらのカフェでは、惣菜やケーキなどがいただけるほか、ドリアやカレーなどのしっかりしたご飯メニューもいただけます。

こちらが本日のワインメニュー↓
BASELスパークリングワイン🍾や白ワイン、赤ワイン🍷がグラスでいただけます。ボトルでもオーダー可能。

デリのメニューはこちら↓
BASEL11種類の惣菜の中から、好きなメニューを選べます。デリ単体でもオーダーできますし、オープンサンド🥪にすることも可能です。

今回オーダーしたのはこちら↓
BASEL2種盛りにしてみました。

もう少し寄ります↓
BASELきのこと野菜の2大共演!どっちが主役でどちらが脇役かなんて、決められませんっ😂

「4種きのことオリーブのアンチョビ風味マリネ」380円税込
BASELしめじや舞茸など4種類のきのこがたっぷりと入っています。ほんのりアンチョビ風味。

「ラタトゥイユ」370円税込
BASEL地中海野菜のトマト🍅煮込み。若返りのハーブと言われるローズマリーの風味がしっかりきいていて、食べている最中から身体の中の細胞の老化がみるみる防止されている様をひしひし感すじます

2種目からは1種増えるごとに10円安くなるのも嬉しいです!

「マナバイマールボロ ソーヴィニヨンブラン」700円税込
BASELニュージーランドのソーヴィニヨンブランで、最初にライムのアロマがふわっと立ちのぼり、トロピカルフルーツのアロマが感じられます。

そのあとフルーツのニュアンスが口中にゆっくりと広がっていきます。

新鮮な酸味とフルーツ感がとてもバランスよく、午後のワインにはもってこい。

感想をひと言で言うと、

駅から徒歩10秒で美味しいグラスワインが飲めるってサイコー!

食べおわったあとは、

「次回は11種全部頼んで、デリまくろう!」
「グラスワインが美味しい店って好きだヮ〜」
「チャージがないお店ってポイント高いよね!」

などと考えながら帰路につきました。

『ステーションカフェ BASEL(バーゼル)』は北改札をでた目の前なので、ワイン以外でも電車を降りてすぐにアイスコーヒー飲みたい!となった人は、利用してみてはいかがでしょうか。

ステーションカフェ BASEL(バーゼル)
●ジャンル
カフェ
●営業時間
10:00~23:00(L.O 22:00)
●定休日
年中無休
●席数
66席(テーブル:50席 カウンター:18席)
●禁煙・喫煙
完全禁煙
●電話番号
042-527-0824
●所在地
東京都立川市柴崎町3-1-1 エキュート立川 osoto
●関連リンク
お店のホームページ / 食べログ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
「立川グルメ」のほかの記事はこちら
▷柴崎町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

いーたち広告のお問い合わせはこちら

【立川グルメ】記事は、ご覧のいーたちパートナーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』を応援してくださるパートナーを募集しています。