いーたち編集部が、自分で食べたり飲んだりしたお店を紹介するコーナー、
【立川グルメ】

今回、

 

むらた@いーたちが食べたのは、立川駅南口のらーめんたま館にある、タンメンと餃子のお店『立川たんぎょう菜花(さいか)』「たんぎょうセット」通常価格1200円です!

『立川たんぎょう菜花(さいか)』は、4月29日にオープンしたばかりのお店で、

オープン記念として5月31日まで、タンメンと餃子のセットである「たんぎょうセット」通常価格1200円を850円で食べられます↓
350円もお得!

たま館に入ってすぐ右にあります↓
以前『立川マシマシ 試作館』があったところ。

食券機↓
2021年5月7日現在、タンメン以外の麵メニューはちゃんぽんのみです。

席はこんな感じ↓
横並びのカウンター席。各席にアルコール消毒液が置いてあります。

むらた@いーたちが入店したのは開店直後だったのですが、餃子を包んでいるところを目の前で見ることができました↓
プロの包み方はきれいだな~と思いながら待っていると、

まず先に餃子が運ばれてきました↓
大きめの餃子が3個。卓上調味料はなく、あらかじめタレが皿に乗っています。

アップ↓
焼き目が食欲そそります……

半分に割って持ち上げました↓
店員さんいわく、味がしっかり付いているのでタレなしでも食べられるとのことだったので、まずはそのまま食べてみました。

噛んだ瞬間ニラの香りが口の中に広がり、その後ジューシーな豚肉の旨味を感じます。厚めの皮は柔らかくてもちもち!

確かにそのままでも十分な味付けでした。タレをつけると醤油、ラー油の香り・辛さがプラスされて、それはそれで美味しい。

餃子を1個食べ終わったくらいにタンメンもきました↓
ザ・タンメン、といった感じのビジュアル。

上にはキャベツ・もやし・人参などの野菜がたっぷり乗っています↓
あつあつシャキシャキ!ちなみに肉は入っておらず野菜オンリー。

スープ↓
透き通っていて、角の取れたあっさり塩スープ。

麺リフト↓
『三河屋製麺』の中細の縮れ麺。

するりと口の中に入り、噛むと少し芯が残ったような食感で、小麦の香りがしっかりと味わえます。

少し時間が経つとスープを吸って柔らかくなり、異なる食感と塩の効いたスープとの一体感を楽しめて楽しい!

野菜もたっぷり摂れて健康にいいかも……?

タンメンと餃子って合うの?と思った方は足を運んでみてはいかがでしょう。

お得に食べられるのは5月31日まで!

立川たんぎょう菜花(さいか)
●ジャンル
タンメンと餃子のお店
●営業時間
11:00~20:00
●定休日
なし
●席数
10席
●禁煙・喫煙
完全禁煙
●電話番号
042-512-8939
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1階「らーめんたま館」内
●関連リンク
食べログ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
「立川グルメ」のほかの記事はこちら
錦町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材・記事広告・モニタリングのご依頼はこちら

【立川グルメ】の記事は、ご覧のいーたちパートナーの提供でお送りしております。

『いいね!立川』で記事広告を配信しませんか?