大坂なおみの出場で沸いた、2018年の東レパンパシフィックオープンテニス

本来の会場、有明コロシアムが改修工事中のため、アリーナ立川立飛での開催となったのがこの大会です。

そんな東レパンパシフィックオープンテニスの経済効果が、立飛ホールディングスから発表されていました。

こちら↓

「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018」開催に伴う立川駅北口地域への経済効果等について (引用元:立飛ホールディングス公式ホームページ)

経済効果は、なんと↓(引用元:立飛ホールディングス公式ホームページ)
約5億4,000万円!!!

16万人以上の人がテニスを見に立川を訪れたんだそうです。

すごいですねぇ〜。

大会中は、立川の某ホテル前からアリーナ立川立飛まで、選手を乗せたポルシェが走り回っているのを目撃したものです。

東レパンパシフィックオープンテニス2019の会場はどこ?

気になるのが、今年2019年のパンパシ会場はどこになるのか?ということ。

本来の会場、有明コロシアムは順調にいけば2019年の7月に改修工事がおわる予定だったのですが、工事を請け負っていた建設会社が倒産し、工事が進んでいないんだとか。

そうなると、2019年9月のパンパシ開催までに改修が間に合わず、2019年もまたアリーナ立川立飛で開催、なんてことになるやも知れません。

また立川で開催されるとウレシイです!

■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら