立川市が立川の魅力を一言で表した「ブランドメッセージ」の投票を受け付けています。

投票期限が2月24日(水)、つまり今日まで!

ということでまだ投票していない方向けにブランドメッセージ候補を紹介いたいと思います!

こちら↓

ブランドメッセージ候補はあらかじめ4つが決まっているようで、この4候補の中から投票で選ぶ形になります。

それでは順に見ていって見ましょう!

今回は珍しくヒゲ@いーたちのコメント付きで!

avatar
ヒゲ@いーたち
コピーライターとして、コメントしちゃいます。目にするたびテンションが上がるメッセージがいいですね!

1↓

輪になる、たちか「わ」

困った時には、輪になって助け合えるまち。
いろんなまちと手をつなぎ、新しい何かを生み出していく。
ブレーキもかけず、円を描きながら、スピードを上げていく。
風を切って向かっていけるのも、いつも周りにたくさんの人がいてくれるから。
あなたから広がっていく、立川の「わ」。

avatar
ヒゲ@いーたち
「笑っていいとも!」っぽい!とくに本文の最後のところ。本文のところは未来を感じさせていいな〜と思います。ただ立川じゃなくても言えることだよね、市川とか掛川とか。

続いて2↓

たちどまらず、かわっていく

まちの景色がどんどん変わっていく日常。
想像していなかった毎日を、乗り越えていく。
「たち」どまらずに、
「かわ」り続けられるのは、ずっと前から走ってきたから。
いつもまちにはみんながいてくれるから。変化は怖くない。
新しい未来の光が見えているから。

avatar
ヒゲ@いーたち
4つの中なら一番お気に入りです。

メッセージだけ見ると変哲のない雰囲気なんですが、本文を読んでみるととてもいい。まず駄洒落テイストが入っているところ!それと、中央線(甲武鉄道)の立川駅ができてからの激動の立川をコンパクトに表現していて、今後も変わり続けるという意志を感じる。立川市のビジョンが見えます。

そして3↓

今日も、立川にいます

気がつけばいつも、立川にいる。
まちにはひとが行き交い、にぎやかさは足取りを軽やかにさせてくれる。
空は広く、公園の静けさや川のせせらぎは心を穏やかにしてくれる。
どこかホッとする心地よいまち、それがここにいる理由なのかもしれない。
それはきっと、人もまちも程よい距離感だから。
わたしは「今日も、立川にいます」。

avatar
ヒゲ@いーたち
ほっこり系のコピーですね。ヒゲ的には見て元気になるコピーが好きなので、未来を感じさせる要素があればよかったかな、と。

そして、たまには都心に出よう!

続いて4↓

立川くらいが、一番いい

にぎやかすぎず、静かすぎず。
まちと自然のちょうど良さ。
ひとりになりたい時は、放っておいてくれる。
まちに出かければ、誰かに出会える。
それぞれの場所で、季節ごとに様々な表情を見せてくれる。
何でもある、がそこにある。
全部が一番いい、立川らしさ。

avatar
ヒゲ@いーたち
このメッセージ……!

「くらい」ってワードのインパクトがありすぎ!そんな卑下しなくても……。

このメッセージを見て「立川っていいよな〜」と思う人はどれくらいいるんだろう。

「ひとりになりたい時は、放っておいてくれる。」ってところは何だかこう、複雑な精神状態を感じます。

Twitter投票の暫定1位はナント……!?

さて、そんなブランドメッセージ投票ですが、2月24日12時時点の状況を見てみると、

こちら↓

なんと「立川くらいが、一番いい」が暫定1位!

avatar
ヒゲ@いーたち
コレ、他の市の方々が面白がって投票してるでしょ〜、想像だけど。

国立在住の2人に見せてみたら2人とも笑いながら4番目の選んでたし!

いーたち読者のみなさん、どれがいいですか?

まだ間に合う!東京はこちらから

投票は本日2月24日(水)23:59までですので、ホームページかTwitterならこれから投票しても十分間に合います。

市ホームページでの投票はこちら

立川市ブランドメッセージ投票ページはこちら

Twitterでの投票はこちら

avatar
ヒゲ@いーたち
この4候補を決める集まりに参加したかったけど、まったく知らなかった……。

ヒゲなら立川市のブランドメッセージはもちろん「いいね!立川」です!
※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』を応援してくださるパートナーを募集しています。