この時期、住宅街や公園のちかくを歩いていると、どこからともなく漂ってくるほんのり甘い香り

そうです、キンモクセイです。

立川市内のいろんな場所でキンモクセイ(金木犀)が満開になっています。

こちら↓

たくさん咲いています↓

団地の敷地内などにはけっこう立派なキンモクセイが植えられています↓

オレンジ色の小さくて可愛らしい花たち↓

 

 

一昔前は「キンモクセイの香り」=「お手洗いの芳香剤」なイメージでしたが、最近は芳香剤の香りも多様化して、「キンモクセイの香り」=「お手洗いの芳香剤」ではなくなりつつあります。

キンモクセイは東北地方の北の方や北海道では育たないので、この地方の方が本物のキンモクセイの香りを嗅ぐと「芳香剤で嗅いでたのと同じだ!」と思うそうです。

昭和記念公園あけぼの口のキンモクセイが超ビッグ

立川駅ちかくで見られる巨大なキンモクセイといえば、

こちら↓昭和記念公園あけぼの口ゲート両サイドにあるキンモクセイの巨木。

めちゃくちゃ大きいです↓

そして、

大きいだけではなくて、

花の咲き具合も見事↓

枝を埋めつくすくらいにオレンジの花が咲いています↓

そして、園内に入るともっと巨大なキンモクセイがたくさんあります。

さすが昭和記念公園!

あけぼの口はここです↓

あけぼの口を入ってすぐの昭和記念公園「みどりの文化ゾーン」では、10月27日(日)まで『肉フェス 国営昭和記念公園 2019』が開催中です。

『肉フェス』へ行く際には、ぜひ入口のキンモクセイをチェックしてみてください。

●関連リンク
立川フォトのほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

【いーたち編集部より】お店の情報発信で悩んでいる経営者の方へ

「立川フォト」は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』の挑戦を応援してくださるパートナー企業・店舗様を募集しています。

詳細はこちら