立川のなんでもない風景をお届けするコーナー「なんでもない立川」。

今回は、「立川公園ガニガラ広場」の稲穂と彼岸花です。

稲穂も彼岸花も見頃なので「なんでもない」って訳ではないのですが、どうぞ。

こちらが「立川公園ガニガラ広場」↓

多摩モノレール柴崎体育館駅を降りてすぐのところにある、わりと大きな公園です。

ここにある田んぼは、立川で唯一の田んぼといわれています。

稲がしっかりと実ってます↓

今年は2019年10月20日(日)に収穫予定。あと20日です。

少しまだ青さが残っています↓

これからの20日間で黄金色に変わっていくんでしょうね。

そして、田んぼの脇にちょこんと咲いていたのがこちら↓
彼岸花です。

立川市内のいろんな場所で見頃を迎えていますね。

見れば見るほど複雑な形をしています。

「立川公園ガニガラ広場」の場所はここ↓


住所は、立川市柴崎町6-15-28です。

柴崎体育館駅で下りたり柴崎体育館を利用した際は、少し足を延ばして見に行ってみてみると、ちょっと懐かしい気持ちにひたれるかも知れません。