立川のなんでもない風景をお届けするコーナー「なんでもない立川」。

今回は、西国立店駅すぐのところにある『無門庵』『ファクトリーカミカゼ』跡地です。

こちら↓西国立駅の踏切越しにみる『ファクトリーカミカゼ』の建物。

営業していた頃とあまり変わらない雰囲気で佇んでいます。

踏切を越えて近づきます↓

「KAMIKAZA Beer」のサインはエイジングが利いていて、歴史を感じさせます。

窓の奥には醸造設備。もうどれ位稼働していないのでしょう。

『無門庵』と『ファクトリーカミカゼ』が閉店したのは2019年4月。

先日カミカゼビールの最終ロット(とっくに賞味期限切れ)を自己責任で飲みましたが、懐かしい味がしました。

立川病院側からのアングル。

植木も青々としています。

エントランスの扉は趣がありますね。

無門庵の方へ移動します↓

正面入口です。

燈籠が立つ正門前は、三角コーンが置かれていて工事が始まりそうな雰囲気になってます(だいぶ前からこの状態ですが)。

庭を覗いてみると……、
とくに放置された感はなく、綺麗なままです。

立川病院側から。

広々とした駐車場。

側面の壁。

矢切のところをよ〜く見てみると、ハートマークが❤️

通気口を目に、ハートの部分を口に見立てると顔にも見えてきます。

これらの建物は取り壊されてレストランになるとかならないとか。

詳しい情報が入りましたらまたお伝えします。

以上、今回のなんでもない立川は『無門庵』と『ファクトリーカミカゼ』跡地でした。

●関連リンク
立川フォトのほかの記事
錦町のほかの記事


情報提供お待ちしています!

取材・記事広告のご依頼はこちら

「立川フォト」「なんでもない立川」は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』を応援してくださるパートナーを募集しています。