なんでもない立川 超マニアックな一番新田堀緑道

立川のなんでもない風景をお届けするコーナー「なんでもない立川」。

今回は、一番新田堀緑道です。

そんな場所はココ↓

天王橋と武蔵砂川駅の間くらい。西武線北通りから下砂橋遊び場を繋ぐ超マニアックな緑道。

どうしてこの緑道を見つけたのかというと↓

このこぶしの花の看板があったから!

普段、立川の公園について記事を書いているささみ@いーたちはこの看板に敏感になっています、公園の看板として認識していたので。

緑道にも使われているんですね!

せっかく見つけたのでどんな緑道なのか調査。

立川の緑道といえば根川緑道・玉川上水緑道ですが、一番新田堀緑道ではどんな自然が感じられるのでしょう?

レッツゴー!

下砂橋遊び場側から南下していきます。

まず↓

見つけた看板の前の道はこんな感じ。

緑といえば↓

横に柿の木がたくさん生えていました。

あとは雑草が生えてる。

一旦道を挟むのでもう終わり!?と驚いたのですがまだ続いてました↓
立川市のマーク、まじまじと見ると「川」が真ん中にあってジワりますね。

ヒゲ@いーたち
「川」の回りの五角形っぽい部分は、上級者には「立」に見えるらしいよ。

ちなみに、武蔵村山市は「ム」の角度を変えたマークです……。

まだまだ緑道っぽくない。

道を渡った先から本格的な緑道になるのかな?

期待を込めてどんどん進みます!↓

え、コレ緑道???

両サイドにツツジの木は植えられていますが……。

さらに進みます↓

マンションとマンションの間を縫って進む感じ。

緑道というよりかは近道な感じがします……。

そしてあっという間に↓

ゴール。

短っ!

驚きのあまり振り返ってみましたが↓

目を凝らしても緑という緑がありませんでした……。

しかし通っている人がボチボチいたので、地元の方が近道として利用していそうです。

立川の無理矢理感のある公園は結構見てきたのですが、緑道は初めてでしたのでなんだか嬉しい気持ちになったささみ@いーたちでした。

❤️を押してもらえると元気が出ます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアして話のネタにしよう
目次