一般社団法人アニメツーリズム協会が選定する「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)」が発表され、ラノベ・アニメ作品「とある魔術の禁書目録」の聖地として立川市が認定されていました。

こちら↓(引用元:公式ホームページ)

その前に「アニメツーリズム協会」って何?

ていうか「アニメツーリズム協会」って何?

という方がほとんどだと思います。

「アニメツーリズム協会」は「アニメ作品の舞台として使われた場所を実際に訪れる『聖地巡礼』で、訪日観光促進を図る一般社団法人」だそうです。

(引用元:公式ホームページ)

その「アニメツーリズム協会」が2018年6月から8月にかけて、国内外で投票をつのって決めたのが「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)」。

日本のアニメって世界中で人気ですもんね。

実際、投票の75%が海外からだそうです。

立川市は「とある科学の超電磁砲」と「とある魔術の禁書目録」の聖地として認定

実は立川市は昨年の「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」でも聖地として認定されています。

その際の作品は「とある科学の超電磁砲(レールガン)」

今回は「とある魔術の禁書目録(インデックス)」での聖地認定です。

こちら↓(引用元:公式ホームページ配布PDF)

知らない方からしたらポカーン(゚Д゚)なタイトルだと思いますが、どちらも同じ作者、同じ世界設定の作品です。

ローソン立川曙橋店のラッピングでも有名↓

ラッピング店舗についてはこちら

立川へ「聖地巡礼」しにくる海外の方がまた増えそうですね!

●関連リンク
一般社団法人 アニメツーリズム協会
『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)』一覧PDF
とある自治体の地域振興(立川観光協会)


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら