立川市役所や窓口サービスセンター、連絡所にある、住民票・印鑑証明書の自動交付機2018年12月28日廃止となります。

証明書自動交付機の廃止については5月に記事にしています。

証明書自動交付機の案内↓(引用元:立川市役所ホームページ)

この立川市民カードを使って住民票印鑑証明書を発行する、アノ青い機械です。

この機械は製造がだいぶ昔に終わっていて、交換部品も手に入りづらく、保守困難なため廃止となるようです。

市報の最新号にも情報がのっていました↓(引用元:広報たちかわ)

左端に自動交付機廃止の件が載っており、真ん中にはマイナンバーカードの発行をすすめる内容が載っています。

自動交付機使う代わりにマイナンバーカード作ってコンビニで発行してね、ということですね。

広報たちかわ 2018(平成30)年12月10日号

マイナンバーカードを作るには、数年前に郵送されてきた個人番号通知カードを引っぱり出すところから始めないといけないので、それが億劫な方も多いと思います。

※個人番号通知カードとマイナンバーカードは別モノです。

でも一度作ってしまうと、証明書の発行に関してはかなり楽チンになります。

コンビニのマルチコピー機↓

いずれにせよ、立川市役所窓口サービスセンター(タクロスの1階)、砂川学習館東部連絡所(若葉図書館のところ)、西部連絡所(西砂図書館のところ)、錦連絡所(こども未来センター)の6箇所に設置してある自動交付機は12月28日で廃止になります。

そうなると、マイナンバーカードがない場合、証明書は窓口で人力発行してもらう形になります。

今のうちにサクッとマイナンバーカードを作っちゃいましょう!

●関連リンク
立川市役所ホームページ
話題のほかの記事はこちら


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら