かつて立川には立川駅から徒歩でたった7分という場所にヤギがいました。

こちら↓
IKEA立川となりの土地、みどり地区の除草作業がんばっていました。

そんなみどり地区は「GREEN SPRINGS」(グリーンスプリングス)として2020年春に生まれ変わる予定で、2019年2月現在、ものすごい勢いで工事の真っ最中です。

そんな中、「GREEN SPRINGS」(グリーンスプリングス)のホームページがけっこうできあがっていて、完成予定図などがあがっていました。

こちら↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)

今回は、現在の様子と完成予定図を見比べて、2020年春の完成を想像してみたいと思います。

まずは全体の見取り図↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)

「オフィス」があるのが立川駅側、「ホール」があるのがIKEA立川側です。B、D、F棟があるのがモノレール側となります。

まずはオフィスの完成図↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)
B、D、E棟の上層階がオフィスで、見取り図で「オフィス」となっている建物は多摩信用金庫本店になると思われます。

そして、現地の様子はこちら↓
青い囲いがほどこされているのが「オフィス」、右が「B棟」です。

そしてホテル↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)
地上11階で、最上階には天然温泉のスパあり。富士山を見ながらまったりできます。1泊3万円くらいの高級ホテルになる予定だそうです。

現在の「ホテル」の様子↓

「オフィス」と「B棟」の間、奥の方に見える鉄骨が「ホテル」です。高さはまだまだ。

こちらがショッピングエリア

立川で暮らす人にとっていちばん影響がありそうなのがこちらのショッピングエリア。30テナントくらい入るそうです。

B、D、E棟はオフィスの下層階が店舗となり、F、G棟は店舗棟ということになります。

現在の「ショッピングエリア」の様子↓

左がB棟、右がD棟です。

左がD棟です。右にはF棟が建つ予定ですが、まだ何も建っていません。

そしてパークの完成図↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)
「GREEN SPRINGS」(グリーンスプリングス)のいちばんの特徴はコレ。

敷地ミチミチに建物を建てるのではなく、真ん中の広いエリアが公園になっています。

現在の「パーク」の様子はこちら↓
通路っぽくなっている部分が、「パーク」になります。

そして最後はホール↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)
多摩地区最大規模、2,500人ほど収容できるコンサートホールになります。

手前のスロープが特徴的。見晴らしよさそうです。

現在の「ホール」の様子はこちら↓
道路を挟んだ向かいは『IKEA立川』。

最後に、全体の完成予定図はこちら↓(引用元:グリーンスプリングス公式ホームページ)

「GREEN SPRINGS」(グリーンスプリングス)の完成は2020年春。あと1年ちょっとです。

出店するお店の噂は、チラチラと聞こえてきています。

完成が楽しみですね!

●関連リンク
GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)公式ホームページ
立川周辺の開店・閉店情報まとめ 2019
緑町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら