節電効果は果たして……?立川の冬の名物、サンサンロードのイルミネーションが消えてる

先日パレスホテルで会合の予定があり、約束の時間まで少しありましたので、

サンサンロードでも散歩するか〜。この時期キレイだし」と、ニコニコしながらサンサンロードを歩いてみると……、

むむむ……

なんか様子がような……↓

暗い、いぞ……。

ビカビカに光っていたハズのこの木も、ただの木になっています。

まさかと思い、こちらへ駆け付けてみると……

やっぱり消えてる……。

モミの木もライトダウンしてます。

なんでだろう?と思って、

「Tachikawa 燦燦 Illumination 2022」の公式サイトを見てみたところ、(引用元:公式サイト)

節電のため、2022年12月5日(月)からイルミネーションを消灯している、とのこと。

11月19日に点灯式したばっかりじゃあないですか。

毎年気合いを入れて装飾してると思うんですが、残念ながら点灯していません。

「節電」と言われると仕方がないかな、とつい思ってしまいますが、

だからといって、「そと出てもつまんねーし」とみんなが外出せず家にこもって暖房つかっていたら、かえって節電にならないんじゃ?という気もしてきます。

とくに冬の家庭は、18時から21時に電力消費が集中するらしいので、この時間帯に冬の景色を眺めながら散歩するのは電力分散にもなりそうですが。からだも温まりますし。

う〜ん、残念。

さらに、グリーンスプリングスの「エトワールツリー」もなぜか消灯してました。

消灯どころか翌日にはツリー自体が跡形もなくなってました(後日復活するそうです)。

というわけで、冬のサンサンロードは少しさびしい感じになっていますが、

グリーンスプリングスはイルミがなくてもそもそも綺麗ですし、タクロス広場のイルミネーションは健在なので、めげずにこの辺りを冬の夜の散歩コースにしたいと思います。

Tachikawa 燦燦 Illumination 2022公式サイト

❤️を押してもらえると元気が出ます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアして話のネタにしよう
目次