四川山椒でビッキビキでした。

高松町に中華料理店『DRUNK DRAGON(ドランクドラゴン)』がオープンすることについては、これまでも記事にしています。

『DRUNK DRAGON(ドランクドラゴン)』が10月10日(木)にオープンしましたので、さっそく行ってきました。

場所はこちら↓ファーレ立川北交差点のところで、長らく『香来(シャンライ)』という中華料理屋のあったところです。

『DRUNK DRAGON(ドランクドラゴン)』の店頭↓

『香来』の時代からシンボルだったドラゴンは健在↓健在どころか金ピカになってパワーアップしてます!

工事中に店内をのぞいてみたら、ほぼ全改装なレベルで工事していました。

どんな風に変貌してるか楽しみ!

というわけで、

入ってみました↓

店内の雰囲気は中華料理店っぽさバルっぽさがいい感じに混ざっています。

こちらテーブル席↓

さらに2階には個室があって、宴会に使えそうな感じでした。

『DRUNK DRAGON(ドランクドラゴン)』のメニューはこんな感じ

メニューを見ていってみましょう!

まずはこちらチャイニーズタパス(前菜)

おつまみメニューがズラッと。

中華料理店というと1皿ごとにボリュームがあって、お酒のおつまみには向かないイメージがありますが、『DRUNK DRAGON(ドランクドラゴン)』は少なめポーションのおつまみがたくさんあります。

もちろん中華料理店らしく、
餃子や焼売などの点心も充実してます。

こちらはメニュー↓
酢豚青椒肉絲麻婆豆腐などおなじみの中華メニューが並んでいます。

お値段が850円くらいなので、いろいろ注文しやすいです。

米飯&麺メニュー↓
担々麺や炒飯などおなじみの中華メニューです。

これら以外もメニューはいろいろあり。

メニューで特徴的だったのは、

こちら↓ワインメニューがとても充実しています。

スパークリング、ロゼもグラスでいけて、
白ワインと赤ワインは3種類ずつグラスワインが用意されています。

ワインクーラーもあり↓

『DRUNK DRAGON(ドランクドラゴン)』でいろいろ食べてみた

とうわけで!

まずはスパークリングから↓

グラスでいただいたこちらのスプマンテは、やや辛口で、ほんのりとした甘みが中華料理に合いそうです。

つづいて到着したのがコチラ↓
「豆苗炒め」500円税別

中華なので出てくるのが早いです。

豆苗のワイルドな青臭さがたまりません。散りばめられている腸詰めの甘さがアクセントになって、さらにスプマンテとよく合います。

お次はこちら↓「ボーボージー」500円税別

山椒のきいたスープに浸した鶏むね肉で、スープと一緒にしっとり鶏むね肉をいただくと、山椒の程よい刺激がとてもたまらんのです。

これまたお酒がすすんでしまう。

上にのってる四川山椒の実を囓ると舌がビキビキして、しかもビキビキがこびりついて離れなくなります。

次はロゼワインにしました↓
ロゼは中華料理店でおなじみの「ロゼダンジュ」

かなり甘めです。

そしてテーブルには、

麻婆豆腐が到着↓
「四川山椒の麻婆豆腐」850円税別です。

続きはページ2へ

1 2