立川市内にあるいろいろな公園を、1つ1つ紹介していくコーナー、【ママパパ遊ぼ!立川の公園】

小さな子どもがいるお父さん・お母さん目線を大切にしつつ、いーたちっぽく、ちょっぴりマニアックな視点もプラスしながら紹介していきます!

今回ご紹介するのはこちら↓
東栄公園です!

東栄公園↓
立川通りから、栄町銀座の路地に入ってすぐのところにあります。

場所はここ↓


住所は、立川市栄町5丁目11−5 です。

地図を見る👀とわかるように、こちらの東栄公園は二等辺三角形みたいな形をしています。

東栄公園の遊具や設備は?

それでは張りきって東栄公園の遊具や設備をチェックしていきます!

シーソー↓
赤と黄色でPOPですが、ちょっと年季が入っているようにも見えます。

回旋塔↓
よく見かける、まぁるい形ではなく、半円型のちょっと珍しいタイプ。高さもそれほどないです。

鉄棒↓
高さ違いで3種類。

鉄棒を支える棒は、2019年の台風19号の際に曲がったようです(ウソ)。

砂場↓
砂場も、なんとな〜く半円型。

砂場の近くや公園内に何箇所かあった、ひよこ🐥と卵🥚の装飾↓
殻の数に対してひよこの数が異様に多いように思えるのは気のせいでしょうか。

公園の南側の入り口↓
パーゴラの下には、石のテーブルが1つと、石の椅子が4つ。木陰になっているので、ちょっとした休憩に最適😁🥛

ベンチは全部で3つありました。

水飲み場↓
水も飲めるし、手も足も洗えるタイプ。

時計↓
ナント!東西南北がわかる物がついていますので、東栄公園近くで道に迷った時などに参考にするといいかもしれないです。

トイレ↓
トイレは回旋塔の近くに位置します。このタイプのトイレは好みの分かれるステンレス便器のタイプですね。

どこにも公園名の表示がないように思えたのですが、グーグルマップで調べてみましたところ、

どうやら、緑豊かなパーゴラに隠れてTOEI PARKと書いてあるのが見えなかったみたい(引用元:グーグルマップ)↓TOUEI ではなく、TOEI と表示するんですね。ややもすると、トエイパークと読んでしまいそうですがアルファベットで書かれているあたりに何かしらのこだわりを感じます。

とうわけで今回は、栄町銀座にある東栄公園をご紹介しました。

シーソーや回旋塔などは、撤去されている公園も多いので、公園からなくなる前にそれらの遊具で遊んでおきたい!という方は、今のうちにどうぞ!

東栄公園
●利用可能時間
24時間
●トイレ
有り
●砂場
有り
●アスレチック遊具
有り
●丘
無し
●自然
少し有り
●防犯カメラ
なし
●所在地
東京都立川市栄町5丁目11−5

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
ママパパ遊ぼ!立川の公園のほかの記事
栄町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

この記事は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。