毎日ホントにあっついです!

こうも暑いと、カレー辛い物が食べたくなよりますよね〜。

カレーと一緒に食べるなら、あなたはナン派?それともライス派

マツ@いーたちは迷わずライス派!

I LOVE 米!

......お米の国の人だもの。じゃあ、米が大好きって言おうよ。

という、ごりごりライス派のマツ@いーたちが、今回は、

『タチヒビーチ』に、カレーはナン派!という人のためのスポットが誕生した、と聞き、さっそくどんなのか様子を見に行ってきました。

『タチヒビーチ』については以前にも記事にしています

多摩モノレールの立飛駅を出て、てくてく歩いて行きます↓

2分ほどで、『タチヒビーチ』に到着↓

ナンだか、爽やか!

まるでカリフォルニアにいるかのよう!お米の国の人なのに。

海の家にありそうなお手製風サイン↓

入り口を入ると、右手には、

ビーチ!

ネットが張ってあります↓

どうやら、ビーチサッカーが行われるコートでもあるようです↓
第2戦の開催日程は、 2019年8月11日(日)

観戦は無料です

青い海 、

はナイけど、白いビーチと青い空(の絵)が揃ったら......

 

やっぱ、コレでしょ↓

ん......↓

超ホットな中、ホッと一息↓

イケるわ〜。

フェイクビーチとの相性もバッチリ!滝汗かいて来た甲斐ある!

ふと横をみると、そこにはキッチンかーが↓

英語で、ナン好きの人のための、カレーパーティーと書いてあります。

こちらがメニュー↓
6種類のカレーがあります。

これらの3つのポイントを基準として、ナンに合うカレーが開発されたようです↓
濃厚、かつ刺激的で、具が大きくある事がポイントとのこと。

個人的に気になるのは、「ツナコンと納豆の和風カレー」やなぁ。

でも今日は、カレーを食べに来たワケじゃないねん.....

 

今日の目的はコレ↓

この子たちに会いに来たんです!↓

ナンの匂い、発生中!って、

どどどどど、ど〜ゆ〜事!?

PUSHって書いてあります↓

ココを押すんだわっ!

 

おそるおそる、押してみるマツ@いーたち↓

くんくん......↓

キター!!!
うぉおおおお〜!ナンとも強烈な、かほり!

シュークリームを、ぶちゅって潰しながら食べた時、鼻にふわっ〜とかかるシューの香りのようにも感じます。アレ?潰して食べません?シュークリーム。

ナンの気分を味わったところで、お隣の扇風機に注目ぅ〜!↓

カ、カレーシャワーぁあ!!!

扇風機のヨリ↓

こ、ここからカレーシャワーが噴射されるワケよね......

ゴクリ。

全身全霊で浴びてみた↓

な、

ナンも言えねえ。

ナン骨まで溶けて、ナン体動物になってしまいそうな暑さの中、顔をあげると......↓
そこには、白い砂浜的な空間と、青い海のような景色!!!

まるで浜辺にいるかのよう!?↓
気を取り直して、

景色を堪能することに↓
ナンのこれしき!(By南野陽子さん、ニッポン放送系列で1986年10月〜1990年6月まで放送)

 

見渡せば、BBQ場は、夏休み真っ最中ということもあり大盛況↓

カレーを纏うナンの気持ちって、こんナンなんだなぁ......。

無性に中森明菜さんのナン破船を歌いたい気持ちやわ。全くをもって意味不明。

ナンの気持ちになってカレーシャワーを散々浴びたあとは、

「今度タチヒビーチに来るときは、水着で来ようっと。」

「難破船って加藤登紀子さんが作詞作曲してるんだよね〜。」

などと考えながら、次の仕事に向かいました。

タチヒビーチ(立飛ビーチ)
●ジャンル
人工ビーチ
●営業時間
10:00~19:30(最終受付)
●定休日
なし
●電話番号
042-512-8719
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都立川市泉町935
●関連リンク
お店のホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。


■■■求ム!情報提供■■■

「うちの店も宣伝してよ〜」という方はこちら↓
取材・記事広告のご依頼

【話題】記事は、ご覧のいーたちパートナーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』の挑戦を応援してくださるパートナー企業・店舗様を募集しています。

詳細はこちら

●関連リンク
タチヒビーチのほかの記事はこちら
泉町のほかの記事はこちら