そろそろ昭和記念公園の「黄葉・黄葉まつり」が近づいてきたな〜、と思って昭和記念公園の公式サイトを見てみたところ、

こんな見出しを発見↓(引用元:昭和記念公園公式サイト)
「イルミネーションは秋のライトアップに変更となります」って書いてあります。

イルミネーション?

「Winter Vista illumination」のことかぁぁぁぁ???

と、スーパーサイヤ人になった直後の孫悟空のように少し興奮気味に見出しをクリックしてみたところ、

こんなコメントが↓

 例年12月に開催していたウィンタービスタイルミネーションは、秋の夜散歩に変更となりました。平成9年より約20年の長きに渡り、沢山のお客様にご愛顧頂き感謝申し上げます。以降、秋の夜間開園「秋の夜散歩」を何卒宜しくお願い致します。

きゃーーー!😱

「ウィンタービスタイルミネーション、もうやらない」ってことですね。

サラッと書きすぎじゃないですか、ぶっちゃけ😭

この光景がもう見られないとは……。

「Winter Vista illumination」のかわりに「秋の夜散歩」ってイベントを開催

リンク先のPDFファイルを見てみたところ、こんな情報が↓(引用元:昭和記念公園公式サイト)

例年11月に開催している「黄葉・紅葉まつり」の間、「秋の夜散歩」としてライトアップされた銀杏やもみじを見られるイベントを行うようです。

昨年も3日間ほど「カナールイチョウライトアップ」というイベントをやっていましたが、それが拡張されるイメージです。

期間 2019年11月2日(土)~24日(日)
時間 黄葉紅葉まつり(通常開園時間) 9:30~16:30
秋の夜散歩 16:30~21:00(点灯 17 時・消灯 20:30)※一部エリアのみ開園
備考 秋の夜散歩から参加の場合、入園は西立川口・昭島口・砂川口に限られます。
日中よりご入園頂いている方は、16 時以降は、車や自転車を西立川口・砂川口
の駐車場、駐輪場に移動する必要があります。

エリアはこんな感じ↓(引用元:昭和記念公園公式サイト)

よくよく見てみると、カナールのイチョウ並木はライトアップ対象になっていません。

ってことは、

立川駅北口から歩いて来るのはむずかしい!ということになります。

料金はこちら↓(引用元:昭和記念公園公式サイト)

16:30以降に「秋の夜散歩」に参加する場合は450円。昼からずっといる場合は160円追加の610円が必要となるようです。

「Winter Vista illumination」終了で冬の花火はどうなる?

「Winter Vista illumination」が終了ってことでいーたち編集部が気になったところは、

若者のクリスマスデートイベントだった「Winter Vista illumination」が、どちらかというと年輩の方むけのもみじ狩りイベントになっちゃった😮

というところと、

クリスマス付近に上がってた冬の花火どうなっちゃうの?😧

の2点です。

2018年の冬の花火の案内↓

冬の昭和記念公園名物ともいえるシャンパンタワー↓

「Winter Vista illumination」はいーたちでも過去に何度も記事にしています。(2018 / 2017 / 2016 / 2015

壮大なイルミネーションを見て、冬の澄んだ空に上がる花火を見てというムード満点なイベントがなくなってしまうとは……。

せめて花火だけでも上がるといいですね!

国営昭和記念公園
●ジャンル
国営公園
●開園時間
9:30~17:00
●休園日
年末年始(12/31・1/1)
2月の第4月曜日とその翌日
●電話番号
042-528-1751
●所在地
東京都立川市緑町3173
駐車場
あり(有料)
●関連リンク
国営昭和記念公園ホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
立川の「話題」のほかの記事はこちら
昭和記念公園のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

【いーたち編集部より】お店の情報発信で悩んでいる経営者の方へ

【話題】記事は、ご覧のいーたちパートナーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』の挑戦を応援してくださるパートナー企業・店舗様を募集しています。

詳細はこちら