近日中にサイトリニューアルを行います。すんごい変わります。裏側でいろいろいじってるので不具合あったらゴメンナサイ。

クラファン支援は7月31日まで!羽衣町にある創業63年の紙箱屋『池田屋紙器製作所』が紀の国屋廃業の影響でピンチに……。クラファンで応援求めてる

羽衣町にある『池田屋紙器製作所』ってご存知ですか?

ネットの地域ニュースをチェックしている方は見たことがあるかもしれません。

老舗和菓子屋『紀の国屋』の和菓子を詰める紙箱の製造を、約50年もの間たった一社で請け負っていたのが『池田屋紙器製作所』。

多いときは月間6万個も納品していたというから驚きです。

そして『紀の国屋』は2022年5月16日に何の前触れもなく突然廃業。

『池田屋紙器製作所』の売上、そして箱の生産能力の大部分を占めていた『紀の国屋』が無くなることで現在ピンチに……と、そんな状況にあるのです。

いーたち編集部もSNSやネットのニュースで見ていて「実際どんな状況なんだろう?」「今後の展望は?」と気になりましたので実際に見に行ってきました。

羽衣町にある『池田屋紙器製作所』へ行ってみた

『池田屋紙器製作所』は羽衣町にあります。

民家の建ち並ぶエリアを進んで行くと、見えてきました!

深緑の建物です↓

サービス内容はこちら↓

大量在庫の菓子箱を見せてもらってみた

建物の中へと入り、

例の菓子箱の気になる大量在庫っぷりを見せてもらいました。

2階へと上り……、

見えてきたのは……、

こちら↓夥しい量の菓子箱!

数にして3.5万個

もう箱になった状態で保管してありますので、かなりのスペースを使ってしまっています。

当初は5.8万個あったそうですが、SNSなどで拡散したことで2.3万個買い取ってもらったそうです。

ただいまクラウドファンディングにて支援を受付中!

そんな大量在庫の箱を少しでも引き取ってもらうべく、現在クラウドファンディングで支援を受け付けています。

もともと『池田屋紙器製作所』のみなさんはウェブ関連が得意でなく、クラウドファンディングのやり方も分からない状況だったらしいのですが、有志の方々がサポートする形で実現することができたそうです。

それがこちら↓

『池田屋紙器製作所』クラウドファンディングのページ

『池田屋紙器製作所』のクラウドファンディングをサポートする方々はこちら↓立川を拠点に活動する『平田プロモーション』代表の平田さん。

今回は平田さんが中心になってクラウドファンディングを進めています。

そして花菜さん(たちかわ子ども記者新聞)、ミナさん。

国立で活躍する出張料理人の小清水シェフ↓

いーたち編集部で料理をふるまってくれたこともあります。

関連記事

これからご紹介するのは8月のとある暑い日立川市内にあるいーたち編集部立川スタジオでの出来事。ピンポ〜ン🔔「ハーイ🙋‍♀️[…]

そして国立の人気店『甘味ゆい』↓今回はお菓子の提供です。

クラウドファンディングのリターンはもちろん「箱」、そして中身は……!?

気になるリターンはこちら↓

ヤッパリ「箱」です!

注目すべきはピンク枠で囲んだもの。

小清水シェフの「悪魔のフィナンシェ」と甘味ゆいの「白ゴマのボーロ」が入っています。

「悪魔のフィナンシェ」はこちら↓

いーたち編集部はこのフィナンシェを何度か食べたことがあるんですが、

極めて繊細、そして容赦なく背徳的。

その名の如く、まさに悪魔です!

『池田屋紙器製作所』クラウドファンディングのページ

箱づくりの様子を見せてもらってみた

紙箱って一体どんな風に作っているんでしょう?

気になる方も多いんじゃないかと思います。

ということでしっかり見せてもらいました。

こちら↓こちらは小ロット用の箱折り機とのことで、目にも止まらぬ早さで平らな厚紙の角が折られて箱形状になっていきます。

こちらは箱に紙を貼る工程↓ひとつひとつ丁寧に、それでいて素早く貼っていきます。

その先にも工程があり、

みるみるうちに箱が積み上がっていきます↓

これだけ丁寧に作った箱は、大量在庫といえどさすがに捨てられない……。

思わずそんな気持ちになりました。

『池田屋紙器製作所』の今後はどうなる?

大量在庫がなくなったとしてその先はどうするの?という部分、

率直に気になりました。

展望を語る次期社長の吉田さん↓現社長のお孫さんとのことです。

吉田さん
これまで何十年も紀の国屋さんの箱作りを請け負ってきたため、積極的に他の取引先様を開拓する余裕がない状況でした。今回の件を踏まえ、今後は多くの取引先様に使っていただけるよう積極的に営業活動を行っています。
最近はボードゲームなど新しい需要も起こりつつあるそう↓
吉田さん
大量在庫の箱は私たちみんなで作った大切な箱です。どうか使っていただけたらと思います。在庫を減らし、新しい取引先様を増やし、「出逢いを大切にする池田屋」を存続させていきたいです!
そんな『池田屋紙器製作所』を、いーたち読者のみなさん、どうか応援お願いいたします!
いーたち編集部はこの記事での応援のほか「箱はやっぱり中身を入れてナンボだよね」と思うので、立川のいろんなお店に協力いただいて、いーたち読者のみなさんに「欲しい!」って思ってもらえるような通販アイテムを企画しています。
箱はもちろん『池田屋紙器製作所』の箱!
というわけでひとまずはクラウドファンディングでの応援をよろしくお願いいたします。
期限は7月31日(日)23:59となっています。
有料掲載のご案内
残枠のお知らせ  2022年内
【SNS単発】10枠
【記事広告】4枠
Facebook / Twitter
NO IMAGE

「いーたち缶バッジ2022」販売中

CTR IMG