ページ最下部に「いーたち小ネタ集」を設置しました。 記事にはできない極秘情報のポロリもあるかも……。毎日要チェック!

あわ大福リターンズ。紀の国屋の味を継いだ和菓子店『匠紀の国屋』で「あわ大福」が本日7月29日から販売スタート。武蔵村山店でさっそくゲットしてみた

いきなり廃業となった和菓子『紀の国屋』の味を継いで6月3日にオープンした『匠紀の国屋』

オープンから約2ヶ月、待望のあの味「あわ大福」大復活しました!

『匠紀の国屋』公式ツイッターの7月27日投稿によると↓

7月29日本日から販売開始。

武蔵村山店と国分寺店は店頭販売で、東大和店は事前予約販売

東大和店を使う!という方は予約方法がちょっとややこしいのでツイッターを要チェックです。

全店舗「あわ大福」に限っては、水曜日日曜日販売は休止されるそう。

価格は一つ290円、2つセットで560円で少しお得に。

さっそく販売初日に武蔵村山店へGO!↓

12時過ぎくらいに行ったので、まだ「あわ大福」が残ってるか心配でしたが……。

入ってみると↓

ありました!

久しぶりのご対面、

多摩のソウルフード、あわ大福!

ささみ@いーたちはあわ大福が大好きなので、復活を心待ちにしていました。

復活を急いでくれたお店の方々、ありがとうございます!

こちら購入した「あわ大福」

お一人様2個までと書いてありましたが、今日は数量制限がないらしく3個買ってきました。

おこじゅ相国最中は名前の変更があって、それぞれ「こじゅう」「甘味求真」となっていますが、「あわ大福」はそのまま

サイズ感はこんな感じ↓

ちょっぴり小ぶりになりましたが、たくさん食べたきゃ買えば良いのです!

消費期限はこの通り↓

「本日中」のまま。

とっても繊細な和菓子。

その繊細さが味に繋がるのでしょう。

開けてみます↓

ほんのりとした焼き目が食欲をそそる!

見た目は完全に『紀の国屋』オリジナルのものと一致しています。

ちなみに横からだとこんな感じ↓

ふっくらしてます。

存分に眺めたところで食べてみると……。

完全にあの味!!!

皮がもっちり香ばしく、塩気もちょうどいい。

一緒に食べたあわ大福ハードユーザーの意見は全員一致で「前より皮がもっちりしたとなりました。

中は甘すぎない上品な粒あん。

あぁ……、大好きなあわ大福をまた食べられて嬉しい……。

今度、編集部にもお土産に持っていこう!

ヒゲ@いーたち
お願いします、なる早で!

なんだか懐かしくも慣れ親しんだ味にホッとしたささみ@いーたちでした。

匠紀の国屋 武蔵村山店
●ジャンル
和菓子店
●営業時間
10:00〜18:00
●定休日
月曜日
●電話番号
調査中
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都武蔵村山市残堀5丁目98-2

※この情報は記事公開時点のものです。

広告掲載のご案内
残枠のお知らせ  8月
【SNS単発】6枠
【記事広告】7枠
Facebook / Twitter
NO IMAGE

「いーたち缶バッジ2022」販売中

CTR IMG