日々の暮らしの中で、ふと疑問に思ったこと、分からないことを、立川周辺の身近な専門家・プロフェッショナルに質問してみるコーナー、【プロに質問】です。

チョッとしたスキマ時間に読めて、日々の暮らしに役立つ、そんなコーナーです。

前回と同じく、歯磨きについて、国立駅南口すぐ『洋一歯科医院』のよういち先生に質問してみました!

さっそく聞いてみます!

「朝、昼、晩と、毎日欠かさずハミガキしているのに歯茎から血が出ます。どうして?」

歯茎が傷ついて出血している場合と、歯と歯茎の境目が炎症を起こして歯周病になっている場合があります。

 

2通りあるんですね。

 

時間がないからといって慌ててハミガキで強く磨きすぎたり、つい硬い歯ブラシを使って歯茎を傷つけてしまうことがあります。これが歯茎が傷ついて出血している場合です。

この場合は、1日〜2日、傷付いて出血しているところはハミガキせずに様子をみます。傷が治れば、ハミガキしても血が出なくなります。

なるほど。これはハミガキの仕方に気をつければすぐに治りそうですね。

 

炎症の場合は、歯磨きの仕方、身体の免疫力、ばい菌の感染力。これらのバランスが崩れるときに起こります。

歯磨きが上手でも免疫力が下がっていたり、ばい菌の感染力が強かったりするとやはり炎症を起こしてしまうんですね。

もし炎症を起こしてしまったら、どうしたらいいんでしょうか?

 

いつも使っている歯ブラシより柔らかめの歯ブラシを使って、それでマッサージを兼ねて長めの時間磨いてください。歯1本あたり、1分〜1分半が目安です。

長時間磨くことで、ばい菌が歯面から落ちて、歯茎の血行もよくなるので、免疫力も上がって炎症がしずまっていきます。

なるほど。それにしても歯1本で1分となると全部で30分くらい掛かりますね……。

 

はい。時間がかかるのでちょっと大変ですよね。

でも、柔らかめの歯ブラシで根気よくブラッシングすることで、たとえ病状が進んだ歯周病になっていたとしても少しずつよくなっていきますよ。

あきらめずにブラッシングですね!

勉強になりました。ありがとうございました。

それから、歯茎から血が出るのが気になったら、ぜひ歯医者さんに診てもらってください。

それに柔らかめの歯ブラシは、ドラッグストアでは手に入りにくいので、歯医者さんなら手に入りやすいと思います。

やっぱりそうですよね……。

 

次回以降も、歯にまつわるいろんな質問をぶつけていきたいと思います!

『洋一歯科医院』はこんな歯医者さん

国立駅南口徒歩1分の『洋一歯科医院』。

『餃子の王将』の2Fにあります。

初診からさまざまな検査や写真撮影を行って、治療プログラム・予防プログラムを組み立てます。お口の中のリスク管理を徹底し、『予防』に力を入れている歯科医院です。

洋一歯科医院
●ジャンル
歯科医院
●診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
※最終受付は30分前まで
※初診は1時間前まで
●休診日
日・祝・月
●電話番号
042-580-4180
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都国立市中1-8-6 アイエスビル2F
●関連リンク
公式ホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

地図はこちら↓


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら