日々の暮らしの中で、ふと疑問に思ったこと、分からないことを、立川周辺の身近な専門家に質問してみるコーナー、【プロに質問】です。

チョッとしたスキマ時間に読めて、日々の暮らしに役立つ、そんなコーナーを目指してます。

そして今回は【歯医者さんに質問】

前回と同じく、虫歯について国立駅南口すぐ『洋一歯科医院』のよういち先生に質問してみました。

よういち先生↓

(前回の記事はこちら)
歯が痛かったら全部虫歯が原因ですか?痛くない虫歯ってあるの?【プロに質問】

というわけでさっそく質問です。

質問:虫歯になってしまったら削るしかないのですか?

そんなことはないですよ!

C0、C1までの診断であればまだエナメル質までしか虫歯が進行していないので、セルフケア、プロフェッショナルケア(クリーニング、フッ素塗布、定期検診)をしっかりと行っていれば進行を遅らせるか止めることができます。

虫歯進行のイメージ↓外側にあるのがエナメル質。

削らなくていい場合もあるんですね。ちょっと安心しました。

 

とはいえ、小さい虫歯(初期虫歯)と言われたからと安易に考えて放置すれば、ある時点から急激に進行していくことがあります。

ご自分で異変に気がついた時には大きな穴になっていることも。

質問:虫歯って素人が見ても判別つくんでしょうか?

判別はかなりむずかしいです。表面ではなく歯の中の方が白くなるので、エナメル質から透けて見えるというイメージです。

プロでないとなかなか判別できないと思います。

ということは、素人が気づくのは穴が開いてるのが見えたり痛みを感じたりというレベルまで進行してからということになりますか?

 

そうですね。

「穴が開いてるのが見えたり痛みを感じたりというレベル」というのは、「生きている歯の神経を抜かなければ痛みが止まらないレベル」ということが多いです。

え!?そんな状態なんですか……。

治療も大変そうですね。

おっしゃるとおり、治るまでの回数も時間もかかってけっこう大変になりますね。

そうならないためにもやはり、かかりつけの歯科医院で、検診(視診、口腔内写真、レントゲン撮影など)を定期的に受けて、普段の歯ブラシがしっかり磨けているかどうかは、歯科衛生士さんにチェックしてもらうのが良いですね。

何より虫歯を予防、虫歯の進行を止めることが大切ですが、もし、虫歯が大きくなってしまったとしても、症状に気がつく前に早めに発見できれば、治療が最小限で済みますから。

やはり定期検診を、ということになります。

質問:定期検診はどのくらいの割合で受けるのがいいでしょうか?

虫歯のなりやすさや、歯周病の程度によって、検診を受けていただく時期は人によって違います。例えば、虫歯になりやすい方や、歯周病が心配な方なら3〜4ヶ月に1回。春夏秋冬の季節の変わり目に受ける習慣にするのがおすすめです。

リスクの少ない方でも半年に1回は受けるのが良いですね。

なるほど〜。

とはいえ、なかなか歯医者さんには足が向かないのですが……。

その気持ち良くわかりますよ!行かなくて済めばそれに越したことはないですよね。

ただ、お口の健康は、全身の健康につながります。

現代ではお口の中のバイ菌が血管に入って、血液にのって全身に流れていくことで、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの全身疾患になることがわかっています。また最近では、お口の中にできる癌も話題になりましたよね。

身体の健康のためにも、お口の検診とケアを定期的におこなうことをおすすめします。

 

ありがとうございました。

 

『洋一歯科医院』はこんな歯医者さん

国立駅南口徒歩1分の『洋一歯科医院』。

『餃子の王将』の2Fにあります。

初診からさまざまな検査や写真撮影を行って、治療プログラム・予防プログラムを組み立てます。お口の中のリスク管理を徹底し、『予防』に力を入れている歯科医院です。

しっかり予防の歯医者さんです↓

洋一歯科医院
●ジャンル
歯科医院
●診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
※最終受付は30分前まで
※初診は1時間前まで
●休診日
日・祝・月
●電話番号
042-580-4180
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都国立市中1-8-6 アイエスビル2F
●関連リンク
公式ホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

地図はこちら↓


住所は、国立市中1-8-6 2F。

●関連リンク
【プロに質問】のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら