日々の暮らしの中で、ふと疑問に思ったこと、分からないことを、立川周辺の身近な専門家に質問してみるコーナー、【プロに質問】です。

チョッとしたスキマ時間に読めて、日々の暮らしに役立つ、そんなコーナーを目指してます。

そして今回は【歯医者さんに質問】

前回と同じく、矯正について国立駅南口すぐ『洋一歯科医院』のよういち先生に質問してみました。

よういち先生↓

今回は大人の歯の矯正についてです。

【質問】40代、50代からの矯正は可能でしょうか?

avatar
よういち先生
実は40代、50代の方の矯正のニーズは結構あります。

大人になってからの矯正は不可能なんじゃないかと思っている方が多いですが、当院では40代、50代で矯正をされている患者さんは多くいらっしゃいます。
avatar
ヒゲ@いーたち
若い頃から気になっていた歯並びをようやく治すというイメージでしょうか?
avatar
よういち先生
そういう方ももちろんいらっしゃいますが、そういう年齢層の方に、「歯がズレているのは前からですか?」と聞くと、段々とズレてきた、という方が結構いらっしゃいます。

そういう方には、「長い人生まだ半分あるので、今、歯やお口のリフォームをするには良い時期ではないですか?」と提案します。

気になっているのであれば早めに治しておいて、人生を快適に過ごせる時間を増やしましょう、というような話をします。
avatar
ヒゲ@いーたち
大人の場合も、子どもと同様に早い方がいいのでしょうか?
avatar
よういち先生
そうですね。矯正治療を家のリフォームに例えると、50代くらいまでであればリフォーム(矯正)をおすすめします。

しかし60代、70代になってきて、いよいよ「リフォームしたい」という気持ちになっても、「歯根膜(しこんまく)」という歯を移動させる細胞が老化してくると、歯が動きにくくなって時間がかかるようになることもあります。

時間もお金もかかるようになるので、リフォームはあきらめて、歯を抜いてインプラントにしようとか、入れ歯にしようとか、歯を削って被せてしまおうとか。
つまり「建て替えしよう」ということになることもあります。
avatar
ヒゲ@いーたち
建て替えですか……。

そうするとやはり大人が矯正するなら40代、50代がおすすめということでしょうか。
avatar
よういち先生
そうですね。

先日も、50代後半の方が来院されて、子どもが大学を卒業して時間にも経済的にも余裕ができたので、兼ねてから気になっていた歯並びを治したい、という方がいらして、治療することになりました。

また、お子さん2人が矯正していているのを見ていて、お父さんもやりたい!っとおっしゃって始められたご家族がいるのですが、最後にお母さんも、やっぱり私も!とおっしゃって矯正を始めた、という方もいらっしゃいます。

お子さんやご家族が綺麗に治っていくのを間近で見ていて、自分もできるのかも!やってみたい!と思われるのかもしれないですね。
avatar
ヒゲ@いーたち
大人になってから歯の矯正をするのって、もっと特別なことだと思ってました。
avatar
よういち先生
そうですよね。そういう風に思っている方が多いのも確かです。

歯並びを気にしている方のその後の人生のことを考えると、もっと一般的になってほしいな、と思います。
avatar
ヒゲ@いーたち
ほんとですね!ありがとうございました。

『洋一歯科医院』はこんな歯医者さん

国立駅南口徒歩1分の『洋一歯科医院』。

『餃子の王将』の2Fにあります。

初診からさまざまな検査や写真撮影を行って、治療プログラム・予防プログラムを組み立てます。お口の中のリスク管理を徹底し、『予防』に力を入れている歯科医院です。

しっかり予防の歯医者さんです↓

洋一歯科医院
●ジャンル
歯科医院
●診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
※最終受付は30分前まで
※初診は1時間前まで
※現在、緊急事態宣言を受け中止し、ご予約は承っていません
●休診日
日・祝・月
●電話番号
042-580-4180
※お問い合わせの際は「いいね!立川」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都国立市中1-8-6 アイエスビル2F
●関連リンク
公式ホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

地図はこちら↓


住所は、国立市中1-8-6 2F。

●関連リンク
【プロに質問】のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら

『いいね!立川』を応援してくださるパートナーを募集しています。