立川にはほんとうにたくさんのお店があって、その店名が書かれた看板・サインにもいろんな形・デザインのものがあります。

このコーナー「立川の店名看板・サイン」ではそんな店名が書かれた看板やサインを紹介していきます!

第一弾はシネマ通りと曙町の店名看板でした。

見比べてみるとオモシロい!立川の店名看板・サイン vol.1 (シネマ通り、曙町ほか)

第二弾は、柴崎町の立川南通りとその1本北の通り、諏訪通りの一部などの店名看板です。

まずはこちら↓『だんごのミヨシ』。朝6時からだんごや和菓子、おにぎりなどを売っています。

横書きの店名をはさむように、縦書きのメニュー名が載っているスタイルには懐かしさを感じます。

すぐお隣の『炭火焼鳥 あら』
営業中は粋な暖簾がかかっていますが、営業時間前でもシャッターにかっこいい毛筆で店名が書いてあります。

道をはさんでお隣はこちら↓『らーめん愉悦処 鏡花』。「立川でラーメン屋」といえば鏡花の名前を挙げる人も多いですね。

黒い木枠に板を敷きつめ、毛筆で店名が書かれています。日が経つほど風合いを増す看板です。

お次は立川南通りより1本北の通りに移動して、

こちら↓
『焼肉 哲』です。店頭の上部(パラペット)に箱文字が貼り付けてあるシンプルな作り。

それゆえに目立ちます。

さらに西へ進むと↓
『串揚割烹 トントン』。店頭の上部サインよりも暖簾が目を引きました。

さらに西へ行くと↓
『パスタ フローラ』の店頭。敷きつめられた板に金属のサインと文字。文字は浮き出ています。

そのお隣はこちら↓『ブラッスリー アミカル』。黒バックに金文字のサインは高級感漂います。

最後はこちら↓諏訪通りまで出たところにある馬肉酒場の『馬鹿うま』

こちらは2階のお店なので見上げる形になります。夜になると、黒バックに白文字の看板なので白文字がとても目を引きます。

以上、「立川の店名看板・サイン vol.2(柴崎町・立川南通りとその北の通りなど)」でした。

お気に入りのお店の看板はありましたか?

次回をお楽しみに!

●関連リンク
立川フォトのほかの記事
柴崎町のほかの記事はこちら


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら