立川のなんでもない風景をお届けするコーナー「なんでもない立川」。

今回は、緑川通りぞいにあるガスタンクです。

こちらがガスタンク↓チラ見えしてきました。

場所は緑川通りぞい、東京ガス立川制圧所です。

全貌がみえてきました↓

ガスタンクの正面に移動して(球体ですが)↓

ズーム↓
迫力ありますね〜。

使用料が少ない夜のうちにガスを溜めて、使用料が増える朝夕に送り出しているそうです。

正式には「ガスホルダー」と呼ぶそうです↓

立川のこのガスタンクがつくられたのは昭和44年(1969年)。今年で50歳になります。

2014年に定期点検があったとのことで、つぎの定期点検は2059年だそうです。

緑川通りを立川駅方面に進むと、緑川通り駐車場に重機たちがひしめき合っていました。

緑川に通した下水道が老朽化しているとのことで、改築工事を行っています。

立川で最古の下水道なんだとか。

以上、なんでもない立川、緑川通りのガスタンクと重機たちでした。

●関連リンク
なんでもない立川のほかの記事
曙町のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

「なんでもない立川」は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。