立川のなんでもない風景をお届けするコーナー「なんでもない立川」。

今回は、夏至前日の夕暮れどきの空です。

こちら↓梅雨の晴れ間らしく、雨雲と高い雲が混ざり合っています。

高い雲にはオレンジ色の日光が反射し、空は上に行くほど彩度が下がる、水色の見事なグラデーション。

地球って美しいですね!

ところで、

今日(6/21)は夏至。日の出から日の入りまでの時間が一年で一番長い日です。

しかも今日は16時過ぎから部分日食が始まります。

昨日と違い、今日は雲が多めなので日食が見られるかどうかきわどいところです。

以上、なんでもない立川、夏至前日の夕暮れどきの空でした。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!立川』を応援してくださるパートナーを募集しています。