立川に住んで嬉しいことの一つに、有名なお店やイベントが向こうからやってきてくれるってことがあります。

明日5月17日(木)から開催の『まんパク2018』もその一つ。日本最大級のフードフェスです。

今回は、僕

ヒゲ編集長@いいね立川が、いままでに何回も参加して感じたことや、立川の方々から聞いたノウハウなどを、いつもより主観多めで紹介したいと思います。

初参加の方には役に立つ情報もチョコチョコあると思います。

※2018/5/23追記
2018年5月21日(月)に行ってきた様子はこちら

『まんパク2018』の会場、昭和記念公園の前日の様子

会場はここ↓

立川駅からくると、この交差点を渡ることになるはず↓

まんパクはドリンクに限り持ち込み可なので、このセブンイレブンで買おうって人、めちゃめちゃ多いです。他のコンビニで買っときましょう。

会場入口はこちら↓

昭和記念公園の無料エリア「みどりの文化ゾーン」が会場です。

空中庭園から見てみました↓

ほぼ例年通りの並び方です。客席は全部で6000席ほどあって、テントもたくさん。

インスタ映えを狙うならテントの周りに置かれているテーブル席がオススメです。ゼッタイ暑いですけど……。

『まんパク2018』の各ブースを見ながらのアレコレ

各ブースを見ていきます。

まずは肉ブース↓

だいたいどれも美味しかったです!

「十勝牛とろ丼」は、日差しもご飯もアツかったため、脂が全部とけてアブラご飯になった思い出があります。すぐにテントへ駆け込むべし!

そして、ビールにあう!!!

写真から想像するサイズと実物のギャップが大きいメニューが多かった気がします。ギャップ萌え狙い?

次は野菜ブースとチーズブース↓

フェスのときくらい、体に優しくないものたくさん食べようぜと思ったりもしますが、「激辛トムヤムラーメン」はラーメンブースにはない激辛ラーメン。ラーメンブースみたいに並ばなくていい場合が多いので、狙い目です。(今年はラーメンブースに台湾ラーメンがあるみたい)

あと、今年は立川から『ベジあげkitchen870』が出店しているんですね。箸休めに食べたい!

チーズブースは今年から登場みたい。

「想いの茸」の「大判しいたけチーズ焼き」は、ヒゲ編集長@いいね立川のイチオシメニューのひとつです。

お腹を膨らまさずに、味覚を満たせます。

そして、ビールにあう!!!

「アボカドチーズコロッケ」もビールで流し込んだら最高でした。

つづいて海鮮コーナー↓

札幌九兵衛「とろサーモンといくらの親子丼」が好きだったんですが、今年は出店していないみたいです。

これ↓

イベント終了直前に買いに行くと、特盛りにしてくれて嬉しかったなぁ……。

テッパンなのはこれ↓

「本たらば蟹丸ごと一本焼き」。見た目のインパクト抜群で、サクッとかぶりつけるのも嬉しい。伊勢エビは、じっくりとほじくり返したい気持ちと、早くほかのメニューを食べたい気持ちとのジレンマに苦しむので、M気質な方にはオススメします。

そして、ビールにあう!!!

おつぎはスイーツ↓

「最後にたどり着く」って書いてありますが、最初に買いに行かないと行列がとんでもないことになります。

「メロンまるごとクリームソーダ」は、数に限りがあるので、並んだ末に買えないと「メロンカレー」を買ってくることになります。

インスタ映えならこれ↓

「いちごけずり」は、いちごの赤と、昭和記念公園の芝生の緑のコントラストでインスタ映え間違いなし。カップを傾けすぎて垂れないように気をつけましょう。

個人的にはコアントローが入っている「大人けずり」がオススメ!

ヒゲ編集長@いいね立川がスイーツブースでいちばん好きなのは「ずんだシェーキ」。ずんだ餅が好きな人ならぜひ。

枝豆を食べるのが面倒な人は、これを買ってビールと合わせれば、いつもの黄金コンビのできあがり!(あがらない)

つぎはラーメンブース↓

オススメは楽観の「オリーブオイルと帆立だしの塩ラーメン」

これ↓

「塩ラーメンなら駅前の楽観で食べられるじゃん」と思うかもしれませんが、帆立だしが効いていてけっこう別モノ。玉ねぎのシャキシャキ食感はいつもどおり気持ちイイ!

ラーメンはいろいろ食べたいならハーフサイズがオススメ。値段ほとんど変わらないですが、早い段階で満腹になっちゃうと、いろいろ後悔します、たぶん。

餃子ブースと揚げ物ブース↓

餃子は、だいたいどれも美味しかったです!

そして、ビールにあう!!!

揚げものは、「とり皮せんべい」がパリパリで腹にもたまらず好きです。

これ↓

「もちもちポテト」は、とりあえず買っとけ的な一品。見た目のインパクトもあり!

そして、ビールにあう!!!

つぎはドリンクブース↓

世界のビールブースは、何種類か生ビールがあるのでそれがオススメ。

サンクトガーレンは「飲み比べセット」が最高です。

これ↓

いろんな食べ物と合わせてみると楽しい!

物販ブースは行ったことないです。

地域愛あふれる人にはたまブース↓

「東京Xライスプレート」が毎年美味しいです。肉も野菜もご飯も目玉焼きものってるので、これさえあれば何もいらないんじゃない?と思いかねない、コワいヤツです。

奥多摩わさびホイホイ亭のこの串は最高でした↓

ツーンとくるけど、どこか奥ゆかしい。そんあわさびです。

そして、ビールにあう!!!

『まんパク2018』のコツ

まんパクは、規模の大きいイベントだけに、知っておくとウレしい情報がけっこうあります。

それら、こっそり紹介しちゃいます!(こっそりじゃないけど)

1.大人数でいこう

ちょっとずついろいろ食べるため、そして、手分けして並ぶために、大人数で行くのがオススメです。

2.入場券は当日でもコンビニで買っとこう

会場で買おうとするとチケット購入の列に並ぶ必要があります↓

セブンイレブンの端末から買えます。

買い方を解説した過去記事はコチラ

※今年のPコードは、「991-588」(平日)または「991-589」(土日)です。

3.飲み物は持込OK。お水とお酒は買っていこう

食べ物の持ち込みはNGですが、飲み物は持ち込めます。生ビールは会場で買うのがいちばんですが、ワインとかシャンパンとか、そういったお酒は持ち込むのがよいです。お水も自販機まで買いに行くのが結構たいへんなので、多めに買っておくとよいと思います。

ただしクーラーボックスはNGとのこと。

4.開始初日はYouTuberとかたくさんいます

初日の早めの時間は、タレントがリポートしていたり、YouTuberが撮影していたりします。

5.多摩エリアはお得なメニュー多い

他のお店って、イベント専門のお店が多くて、きっちりソロバンはじいてるな〜と感じます(ほめ言葉です!)。でも多摩エリアは別。地域愛でできてるお店が多いので、全体的にお得感あります。

以上、『まんパク2018』について、アレコレまとめてみました。

それではみなさん、日本最大級のフードフェス『まんパク2018』、楽しんでくださいネ!

まんパク2018立川
●ジャンル
フードフェス
●営業時間
10:30~21:00(販売終了)
※最終日は18:00終了
●開催期間
5月17日(木)〜6月4日(月)
●開催地
昭和記念公園 みどりの文化ゾーン
●関連リンク
まんパク公式ホームページ

 

●関連リンク
過去のまんパク関連記事
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013

立川周辺の開店・閉店情報まとめ 2018
気になる混みぐあいは?平日昼間の『まんパク2018 立川』を見てきた【お店見せて】
昭和記念公園のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

『いいね!立川』Facebookページはこちら